コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

中タイ鉄道がついに着工、東南アジアのインフラ市場制覇に万全の中国―米華字メディア

配信日時:2015年12月24日(木) 0時30分
中タイ鉄道がついに着工、東南アジアのインフラ市場制覇に万全の中国―米華字メディア
画像ID  495770
21日、米華字メディア・多維新聞は記事「中タイ鉄道建設が開始、習近平の東南アジア戦略に合致」を掲載した。爆発的な成長が予想される東南アジアのインフラ市場を確保するべく、中国は万全の態勢を敷いている。写真は雲南省の昆明駅。
2015年12月21日、米華字メディア・多維新聞は記事「中タイ鉄道建設が開始、習近平の東南アジア戦略に合致」を掲載した。

10年弱にわたり交渉が続けられてきた中タイ鉄道だが、19日に着工式が行われようやく工事が始まった。この鉄道は単なる中国とタイの二国間関係にとどまるものではない。中国が主導するパン・アジア鉄道計画は、雲南省昆明市からベトナムのハノイ、ラオスのビエンチャン、タイのバンコク、マレーシアのクアラルンプールを経由して最終的にシンガポールまでたどりつく、東南アジア縦断鉄道を構想している。

東南アジアの道路、鉄道、空港などの交通インフラは整備が遅れており、今後巨大市場に発展すると予想されている。現地政府も経済成長のためにはインフラ投資が不可欠だと考えている。習近平(シー・ジンピン)国家主席の主導する一帯一路計画とアジアインフラ投資銀行(AIIB)において東南アジアは重要な位置を占めていることからも分かるとおり、中国はインフラ投資の受注に向けて万全の体制を敷いている。(翻訳・編集/増田聡太郎
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する