香港の俳優が反政府デモに参加、「愛国歌手」がネット告白=「吐き気がする」反感の声も―中国

配信日時:2015年12月19日(土) 21時10分
香港の俳優が反政府デモに参加、「愛国歌手」がネット告白=「吐き気がする」反感の声も―中国
画像ID  495636
18日、台湾出身の男性歌手ホアン・アンが、香港の俳優アンソニー・ウォンが昨年の香港反政府デモに関わっていたと中国版ツイッター上で告発。新たな騒ぎを引き起こしている。写真はアンソニー・ウォン。
2015年12月18日、台湾出身の男性歌手ホアン・アン(黄安)が、香港の俳優アンソニー・ウォン(黄秋生)が昨年の香港反政府デモに関わっていたと中国版ツイッター上で告発。新たな騒ぎを引き起こしている。鳳凰網が伝えた。

ホアン・アンは01年に中国籍を取得。近年は台湾独立支持派とみられる台湾人タレントをネット上で告発する行動を繰り返し、すっかり愛国タレントというイメージが根付いている。最近では男性歌手クラウド・ルー(盧廣仲)を攻撃し、中国でのライブを中止に追い込んだばかりだ。そのホアン・アンが18日、中国版ツイッター上に、俳優アンソニー・ウォンが昨年の香港反政府デモで盛んに歌われた「問誰未発声」を歌う姿の写真を掲載。デモ参加を否定しているアンソニー・ウォンに「これが証拠」とたたきつけた。

これに対しアンソニー・ウォン側は同日、声明文を発表。写真の出どころは舞台仲間と一緒に、記念に撮影した動画だと説明。撮影日はデモ期間からかなり日が経っていることで分かるように、デモ活動とは全く関係がないと説明している。

ホアン・アンの行動について、中国のネットユーザーからは支持の声が上がり、アンソニー・ウォンだけでなく、チョウ・ユンファ(周潤發)やチャップマン・トー(杜[シ文]澤)ら、直接デモ支持を表明したタレントを「糾弾せよ」する人も。しかし、「こんなことばかり繰り返して、この人はいったい何がしたいの?」「アンソニー・ウォンは好きじゃないが、ホアン・アンには吐き気がする」などと反感をあらわにする人も少なくない。(翻訳・編集/Mathilda
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事

<