あなたの知識と経験をレコードチャイナで生かしませんか?
コラムニストアドバイザー中国語ガイド翻訳者(中国語・韓国語)を募集中です!詳しくはこちら

おじいさんとナショナルのテープレコーダー―中国人学生

配信日時:2015年9月27日(日) 15時6分
おじいさんとナショナルのテープレコーダー―中国人学生
画像ID  486984
近年、中国人観光客の「爆買い」が注目を集めているが、「メイド・イン・ジャパン」は以前から中国人の間でその技術や品質が高い評価を受けていた。西安交通大学の関欣さんは、そんな日本製品にまつわる思い出を作文につづっている。
近年、中国人観光客の「爆買い」が注目を集めているが、「メイド・イン・ジャパン」は以前から中国人の間でその技術や品質が高い評価を受けていた。西安交通大学の関欣さんは、そんな日本製品にまつわる思い出を次のように作文につづっている。

我が家の机の上には、黒いテープレコーダーがいつも置かれている。その表面に書かれた日本語の文字は、もうすっかりかすれてしまっている。

このテープレコーダーは80年代、父が若いころ技術員として日本に派遣された時に買ったものだ。当時の中国は技術力が低くて、家庭用テープレコーダーはまったく普及していなかった。だから、父が日本で買ってきたこのナショナルのテープレコーダーは家族を驚かせた。そして、その時は思いもしなかったが、それは私とおじいさんとの距離を大いに縮めてくれたのである。

1985年、父は日本の愛知県に1年間派遣されることになった。想像もつかないほど遠いところへ息子が行ってしまって、おじいさんは毎日心配していた。田舎のおじいさんの家では電話の状態が悪かったので、息子の声を聞くことはできず、ただ1カ月に一度手紙を受け取るだけだった。その頃、おばあさんが急逝したため、おじいさんは一人暮らしになり、寂しい毎日を送っていた。父も日本でおじいさんのことを心配していた。そんな状態で1年が過ぎて、父は帰国した。

父はおじいさんのためにテープレコーダーをお土産に買ってきた。テープレコーダーの中にはカセットテープが入っていた。それには、父が日本の生活で出会ったおもしろい出来事や印象的な人についての話や、心の内に秘めていたおじいさんに言いたい話などが吹き込まれていた。その後、おじいさんはテープレコーダーの使い方を覚えて、父のテープを繰り返し聞いて、手元から離す暇がないほど気に入った。テープレコーダーはそれからも大活躍して、1年後に孫娘の私が生まれた時も、おじいさんはうれしくなって私の泣き声や笑い声を録音した。

そんな平和な田舎での生活は、私が6歳になるまで続いた。その後、私は両親と西安市で暮らすことになったが、田舎のおじいさんとはあまり会えなくなってしまった。おじいさんは寂しくなると、いつもピカピカに磨き上げたテープレコーダーで父の声と6歳まで録りだめた私の声を聞いて、懐かしんでいたそうだ。しかし、私が中学1年生の時、おじいさんは病気で亡くなってしまった。そして、テープレコーダーは私が譲り受けることになった。葬儀が落ち着いた頃、私はテープレコーダーを聞いてみた。3歳の時の私の声、6歳の時の私の歌声など、どれもこれも懐かしい思い出だった。テープが終わったので、スイッチを切ろうとしたら、突然、おじいさんの声が流れ始めた。

「シンちゃん(私)にとても会いたいなあ。シンちゃんは勉強が忙しいからしかたないね。シンちゃんがそばにいなくなって、おじいさんはつらくてたまらなかったよ。でも、このテープレコーダーがあってよかった。父さんにありがとうって伝えてね…」。

その温かい声を聞いていたら、涙がどうしても止まらなくなって、ワアワアと大声で泣き出した。おじいさんが生きているうちに、もっと会いに行けばよかったと後悔してやまなかった。しかし、今の私は幸せだと思っている。おじいさんはもう戻ってはこないが、おじいさんの声、孫娘への愛はこの小さなテープレコーダーの中で永遠に保存される。これを聞くと、おじいさんがいつも私の近くにいるような気がする。テープレコーダーは、私たちにいつでも家族の愛がそばにあるという幸福感を与えてくれた。

ナショナルの創業者・松下幸之助は「利益」より「人々の生活を潤すこと、人々の生活向上に奉仕すること」が企業活動で一番重要なことだと述べている。生活のゆとりを与えて家庭に幸福をもたらすのに、日本のさまざまな製品は世界中で貢献してきた。父の影響を受けた私は、今、日本語を学習しているが、将来、日中の人々に幸福をもたらす友好の架け橋になりたいと思っている。それが、テープレコーダーのお返しになれば幸いである。(編集/北田)

※本文は、第六回中国人の日本語作文コンクール受賞作品集「メイドインジャパンと中国人の生活」(段躍中編、日本僑報社、2010年)より、関欣さん(西安交通大学)の作品「幸福の贈り物」を編集したものです。文中の表現は基本的に原文のまま記載しています。なお、作文は日本僑報社の許可を得て掲載しています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事