コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

落下した人工降雨ロケット、作業員の背中を直撃!肺を損傷する大けが―寧夏回族自治区

配信日時:2007年9月10日(月) 16時10分
落下した人工降雨ロケット、作業員の背中を直撃!肺を損傷する大けが―寧夏回族自治区
画像ID  83491
6日、寧夏回族自治区で打ち上げられた人工降雨ロケット9発のうち1発が不発で落下し、工事現場にいた作業員1人を直撃した。写真は湖北省で発射されたロケット。
2007年9月6日、寧夏回族自治区で発射された人工降雨ロケット9発のうち1発が不発のまま落下し、工事現場にいた作業員1人を直撃していたことがわかった。直径約10cm、長さ約1mのロケットが作業員の背中に命中、肺を損傷する大事故となった。

同自治区同心県では干ばつが続いたため、ロケット9発を発射し、雨を降らせることになった。本来なら無人エリアに向けて発射するはずが、操作員の判断ミスで人のいる場所に向けて3発を発射してしまった。このうちの1発が不発、しかも落下傘が開かず急降下し、運悪く現場の簡易テント内で仮眠を取っていた作業員の背中に命中してしまった。

人工降雨ロケットは雲に向けて薬剤を撃ち込み、雲に含まれる水滴を氷結させ、雨として降らせるものだが、気象局の関係者によると、現在使用している降雨ロケットの安全性は97%止まりだという。(翻訳・編集/WF)

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する