コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

拡大続ける所得格差、社会不安を招く危険性も指摘―台湾

配信日時:2007年8月27日(月) 11時36分
拡大続ける所得格差、社会不安を招く危険性も指摘―台湾
画像ID  81756
26日、台湾財政部が発表した2004年所得税申告統計から、島内の所得格差が拡大していることが明らかとなった。台湾紙『工商時報』が伝えた。写真は「COMPUTEX TAIPEI 2007」。
2007年8月26日、台湾財政部が発表した2004年所得税申告統計から、台湾で所得格差が拡大していることが明らかとなった。台湾紙『工商時報』が伝えた。

台湾513万世帯の所得税申告の統計を調査すると、上位20%の平均所得は215万5000台湾ドル(約763万円)、下位20%の平均所得は18万9000元(約67万円)となった。両者の格差は約11.4倍と史上最大となった。2002年に初めて10倍を超えてから格差は広がり続けている。

この数値は所得税申告をもとにして算出されたものだが、高所得者は税法で把握されない収入がある可能性が高く、実際の格差はもっと大きいと指摘する専門家もいる。ある台湾当局の官僚は、格差拡大は世界的なトレンドとはいえ社会不安を招く可能性もあり、注意が必要だとコメントしている。(翻訳・編集/KT)
関連記事
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事