コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

中国初の新型路面電車が脱線事故、正式運行からわずか3か月―天津市

配信日時:2007年8月21日(火) 19時59分
中国初の新型路面電車が脱線事故、正式運行からわずか3か月―天津市
画像ID  81326
2007年8月20日午後5時半ごろ、天津市の経済技術開発区で中国初の新型路面電車(LRT)が脱線する事故があった。死傷者は出ていない。
2007年8月20日午後5時半ごろ、天津市の経済技術開発区で中国初の新型路面電車(LRT:ライト・レール・トランジット)が脱線する事故があった。

脱線現場付近には緊急停止した際の傷跡が長さ8mほどに渡ってついた。死傷者や付近の建物などへの影響はないという。詳しい事故原因は現在調査中。

この新型路面電車は昨年2月に建設が開始され、総投資額1億9000万元(約30億円)をかけて昨年12月に完成した。総延長は7.86km。今年の5月10日から正式運行が開始されていた。(翻訳・編集/藤野)
関連記事
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事

<







/body>