相次ぐビーバー死、史上空前の大干ばつ!大河が消失して4か月―中国新疆ウイグル自治区

配信日時:2007年7月30日(月) 8時46分
相次ぐビーバー死、史上空前の大干ばつ!大河が消失して4か月―中国新疆ウイグル自治区
画像ID  78490
2007年7月、新疆ウイグル自治区の大河・烏倫古河の断流が120日を超えた。水不足に陥った流域では、農作物・防砂林の成長に大きな影響が出ているほか、漁獲量も激減するなどさまざまな被害が出ている。
2007年7月、新疆ウイグル自治区の大河・烏倫古(ウルングル)河の断流が120日を超えた。

烏倫古河はアルタイ山脈を源流として、ジュンガル盆地北部を流れる河だ。生活用水・農業用水の供給源として、重要な存在を占めてきた。

ところが今年未曾有の大干ばつの影響を受け、烏倫古(ウルングル)河は各地で断流。水不足に陥った流域では、農作物・防砂林の成長に大きな影響が出ているほか、漁獲量も激減するなどさまざまな被害が出ている。国家一級保護動物であるビーバーの死亡が相次いで確認されるなど、人間だけではなく自然にも大きな被害が出ている。2007年7月29日現在、干ばつは続いており、被害のさらなる拡大が予想される。(翻訳・編集/KT)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事