レコードチャイナでは在宅翻訳者コラムニスト中国語ガイドを募集しています。

「朕のスマートフォン」、故宮博物院が34万円で発売!ネット上では「何これ」と不評―中国

配信日時:2016年12月23日(金) 0時10分
「朕のスマートフォン」、故宮が34万円で発売!「何これ」と不評
画像ID  538572
21日、香港紙・経済日報によると、北京の故宮博物院が超高級携帯端末「朕のスマートフォン」を発売する。しかし、ネット上では酷評されている。
2016年12月21日、香港紙・経済日報によると、北京の故宮博物院が超高級携帯端末「朕(ちん)のスマートフォン」を発売する。しかし、ネット上では酷評されている。

朕のスマートフォンは、新年を迎えるにあたって、北京故宮文化伝播公司が記念モデルとして発売するもので、デザインはパリコレデザイナーのローレンス・シューが担当し、ボディーには18金メッキで龍の文様が施されるなど、中国の伝統文化が盛り込まれ、スタイリッシュに仕上がっている。カラーは、玄黒(ミステリアスブラック)、石青(アズライトブルー)、朱紅(バーミリオンレッド)、明黄(ブリリアントイエロー)の4種類が用意されている。

ハーウエア性能は1.8GHzのオクタコアCPUに、メモリー4GB、ストレージ128GBを搭載し、万全の態勢。牛革製のケースが付属し、故宮博物院の専用アプリがプリインストールされている。限定999台で、価格はまさしく帝王クラス、1万9999元(約34万円)となっている。

故宮は世界的にも知名度が高く、これまでも朕シリーズとして扇子が大ヒットした経緯があり、台北の故宮博物院でも文具などのグッズが人気となっており、ブランド力は高いという。

しかし、今回発売されるこの朕のスマートフォンは、中国のネット上ではひどく不評で、「コピー携帯でもこんなに醜くない」「中国の歴史を悪用してひともうけしようとしている」「とんでもなく成金くさい」と散々な言われようとなっている。(翻訳・編集/岡田)
レコードチャイナでは在宅翻訳者コラムニスト中国語ガイドを募集しています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事