レコードチャイナでは在宅翻訳者コラムニスト中国語ガイドを募集しています。

在韓外国人女性が涙で語った人種差別の不快な体験に、韓国ネットは猛省や反発「恥ずかしくて言葉もない」「韓国ほど外国人に寛大な国はない」

配信日時:2016年12月5日(月) 12時30分
在韓外国人女性が語った人種差別体験談に、韓国ネットは猛省や反発
画像ID  536122
28日、韓国・ニュースエンによると、韓国のテレビ番組に出演したウズベキスタン出身の女性が韓国人から受けた人種差別の不快な体験を告白し、波紋を呼んでいる。写真はソウル・明洞。
2016年11月28日、韓国・ニュースエンによると、韓国のテレビ番組に出演したウズベキスタン出身の女性が韓国人から受けた人種差別の不快な体験を告白し、波紋を呼んでいる。

28日に放送されたKBS 系列の番組「アンニョンハセヨ(=こんにちは)」に登場した来韓9年目というウズベキスタン出身のホン・ハナさんは、人一倍韓国愛が強く2年前には韓国国籍を取得して現在の韓国名に改名した。一方で韓国人の夫と結婚して2人の子どもをもうけていたが、差別の問題から2年前に離婚した。

ホンさんが受けた差別はさまざまだ。英語・ロシア語・韓国語・ウズベキスタン語を駆使して通訳の仕事をしていたが、「あいつは何の在留資格で仕事をしているんだ」とささやかれたり、ヒジャブ(イスラム教徒の女性が頭を覆うスカーフ)や縮れた髪質をからかわれたり、ある時はテロリストと誤解されたこともあったとのこと。そんな差別に耐えきれなくなり、2年前には子どもたちと母国に出国したものの、今度は子どもたちが現地での生活になじめず10日ほどで韓国に戻ってきてしまった。

番組の最後にホンさんは、「すべての多文化家庭(国際結婚などの家庭)の子どもたちが差別されない世の中になってほしい」という夢を語り、「自分は大丈夫だが、子どもたちが(差別で)傷つく姿は見ていられない。子どもにはいい場所に行ってほしいし、いいことを教えたい。すべての方々にお願いしたい。私たちを韓国人のように見て優しくしてほしい」と涙を流した。

記事はホンさんの告白について「この番組を見て韓国人が恥ずかしさを感じたのは初めてだった。想像を超える韓国人の人種差別だ」と伝え、これに韓国のネットユーザーが多数のコメントを寄せた。

「ごめんなさい。皆が皆そうではないけど、差別する人たちはわれわれ韓国人の一部でもある。直接伝えることは難しいけど、私が謝ります」
「すみません。恥ずかしくて言葉も出ません。韓国よ、しっかりしろ!!」

「外国で差別されたら『不買運動しよう』とか『SNSで攻撃しよう』とか言う韓国人は、何の問題もないかのごとく人種差別をする。きっと2世代くらい過ぎたら治るかな」

「本当に残念で申し訳ない現実だけど、ヒジャブさえ取れば差別の半分はなくなると思う」
「天然パーマでも堂々としてれば差別されないよ。韓国が好きで来たんだったら、韓国人を変えようとするんじゃなくて韓国式に変える努力をすべき」

「これは人種差別とは違う問題。イスラム圏国家は他文化を認めないくせに、他国では自国の文化を理解してくれって?あなたの国の方がひどい差別をしてる」

「外国に行ってみると、韓国ほど外国人に寛大な国はないと感じる」
「韓国は人種差別がないどころか、外国人の天国」

「僕の妻はウズベキスタン人だけど、うそはやめてくれ。妻が外に出たら何も知らない人ほどよくしてくれる。あなたのような人のせいで多文化家庭が悪く言われるんだ」(翻訳・編集/松村)
中国富裕層向けの「オーダーメイドツアー」を展開予定!
中国語堪能でガイド資格をお持ちの方を大募集!詳細はこちら

中国や韓国の専門知識を生かしませんか?
レコードチャイナではコラムニストを募集しています。
どしどしご応募ください!応募はこちら
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事