レコードチャイナでは在宅翻訳者コラムニスト中国語ガイドを募集しています。

高速道路の監視カメラにピースしたら捕まりました、その結果…―中国

配信日時:2015年1月30日(金) 21時21分
高速道路の監視カメラにピースしたら捕まりました、その結果…―中国
画像ID  452762
26日、ある男性は浙江省の温麗高速を走行中、友人が以前監視カメラに向かってピースサインをしていたことを思い出し、自分も右斜め前上方にある監視カメラの方を向いて、ピースサインをした。
2015年1月28日、中国広播網によると、ある男性は26日午後、浙江省の温麗高速(温州−麗水)を走行中、友人が以前監視カメラに向かってピースサインをしていたことを思い出し、自分も右斜め前上方にある監視カメラの方を向いて、ピースサインをした。このような行為をしても、誰も見ていないと思っていたものの、「自動車の運転手は、道路交通安全の規定を順守し、安全な走行をしなければならない」と規定する「中華人民共和国道路交通安全法」第二十二条に違反したとして、交通警察に捕まってしまった。

同男性がピースサインをしている際、両目は上を向き、前方は見ておらず、さらに左手もハンドルを握っていなかったため、前方でトラブルが発生していても発見が遅れてしまう。特に高速道路上では、高速で走行しているため危険が高まる。

高速交通警察からおとがめを受けた同男性は猛省し、自ら「今後このようなことはしない」と一筆書いた。同男性は、「危険な運転をした」という理由で、罰金200元(約3800円)が科せられた。

交通警察によると、運転中に携帯電話をいじったり、メールを送信したり、喫煙をしたり、携帯電話を拾ったりしても、「危険運転」と見なされ、200元の罰金が科せられるという。(提供/人民網日本語版・翻訳/KN・編集/武藤)
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事