記事提供社からのご案内(外部サイト)
中央広播電視総台とは、これまでの中央電視台(CCTV、並びに中国国際電視台CGTN)、中央人民ラジオ局(CNR)、中国国際放送局(CRI)の三局を改編された、中国最大のメディアグループです。2018年3月から新たなスタートを切り、今後も重要な報道の統括、ラジオとテレビのコンテンツの生産、マルチメディアの融合発展の推進、国際発信能力の強化、中国情報の配信に力を入れ、特に各国メディアとの交流と協力に取り組む方針です。
  • 【CRI時評】「目を閉じ耳をふさいだ」報いは自らに降りかかる
    2019年12月9日(月) 19時40分
     最近になり、中国中央広播電視総台(CMG/チャイナ・メディア・グループ)傘下の中国環球電視網(CGTN/チャイナ・グローバル・テレビジョン・ネットワーク)が、新疆での反テロに関連する英語版ドキュメンタリー2作品を配信し、暴力テロ襲撃の大量の未公開画像を初めて発表したことが、中国...
  • 【CRI時評】「黙殺」は対テロ国際協力の意図的な破壊
    2019年12月9日(月) 15時25分
     中国中央広播電視総台(CMG/チャイナ・メディア・グループ)傘下の中国環球電視網(CGTN/チャイナ・グローバル・テレビジョン・ネットワーク)はこのほど、英語版ドキュメンタリー2作品「中国新疆、テロ対策の最前線」と「ETIM:新疆暴力テロの黒幕」を相次いで配信し、暴力テロリズム...
  • 【CRI時評】西側一部メディアはなぜ、新疆のドキュメンタリー作品を黙殺するのか
    2019年12月9日(月) 10時40分
     最近になり、中国中央広播電視総台(CMG/チャイナ・メディア・グループ)傘下の中国環球電視網(CGTN/チャイナ・グローバル・テレビジョン・ネットワーク)が、新疆での反テロに関連する英語版ドキュメンタリー2作品を配信した。これら暴力テロリズムと宗教上の過激主義が新疆にもたらす危...
  • 【CRI時評】西側一部メディアはなぜ、新疆のドキュメンタリー作品を黙殺するのか
    2019年12月9日(月) 9時50分
     最近になり、中国中央広播電視総台(CMG/チャイナ・メディア・グループ)傘下の中国環球電視網(CGTN/チャイナ・グローバル・テレビジョン・ネットワーク)が、新疆での反テロに関連する英語版ドキュメンタリー2作品を配信した。これら暴力テロリズムと宗教上の過激主義が新疆にもたらす危...
  • CGTNドキュメンタリー「ETIM:新彊暴力テロの黒幕」
    2019年12月8日(日) 12時50分
     東トルキスタン・イスラム運動(ETIM)は国連安保理に承認されたテロ組織である。長い間、ETIMは新彊を中国から分裂させようと企て、一連のテロ襲撃を行った。そればかりではなく、海外で一連のテロ活動を実施し、他国の安全と安定にも深刻な脅威をもたらした。 CGTNのドキュメンタリー...
  • ウイグル族の意志による再教育がなぜ非難される?=CGTNキャスター
    2019年12月7日(土) 18時40分
     中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ/CMG)傘下の中国国際テレビ局(CGTN)に所属する劉欣キャスターが6日、新疆問題についての見解を、放送を通して示しました。 劉氏は「新疆で過ちを犯した者が心から後悔しているのであれば、過激な思想を取り去る教育課程を受けてもらう以...
  • 【CRI時評】新疆は安定し繁栄することでテロリズムの暗雲を一掃する
    2019年12月7日(土) 15時15分
     米連邦議会上院は最近、いわゆる「2019年ウイグル人権政策法案」を通過させ、中国の反テロと脱過激化の努力をほしいままに誹謗し、中国政府の新疆関連の政策に悪意ある攻撃を行っている。しかし、新疆のこれまでにない平穏さと安定、繁栄と発展は、米国の虚言を覆す最も有力な証拠だ。米国の一部...
  • 中国初のスーパーハイビジョン映像音声実験室、上海で始動
    2019年12月7日(土) 12時15分
     12月6日、中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ/CMG)によるスーパーハイビジョン映像音声制作放送国家重点実験室が上海国際メディアセンターで始動しました。 中国共産党中央宣伝部副部長であるCMGの慎海雄台長、上海市の応勇市長らが始動式に出席しました。その際に慎台長は...
  • 【CRI時評】米国には国際的な反テロの足手まといにならぬよう忠告する
    2019年12月6日(金) 22時50分
     米国は最近、いわゆる「2019年ウイグル人権政策法案」を公然と通過させ、中国の反テロと脱過激化の努力をほしいままに誹謗し、中国政府の新疆関連の政策に悪意ある攻撃を行っている。これは、国際法と国際関係の基本ルールに対する甚だしい違反だ。いわゆる「法案」は、米国の反テロ問題における...
  • CGTN、新疆テロ事件と関連映像を公開
    2019年12月6日(金) 22時25分
     中国の新疆ウイグル自治区はアジア中央部の交差点に位置します。過激主義とテロリズムが地域に大きな脅威をもたらし、その代価は人々の生命です。 このすべての始まりは何が原因なのでしょうか?政府と人民はどれほどの代価を支払っているのでしょうか?(一部の事件と映像は初公開です。内容によっ...
  • 【CRI時評】「新疆問題によって中国を押さえつける」米国の企みは必ず失敗する
    2019年12月5日(木) 20時25分
     米国下院は最近、いわゆる「2019年ウイグル人権政策法案」を可決し、中国の内政に横暴に干渉して、中国政府の新疆政策、テロを防ぎ安定を維持するための措置と新疆の人権状況に対する不当な中傷や根拠のない告発を行い、テロリストに対して重大な誤ったシグナルを送った。その根本的な目的は新疆...
  • 【CRI時評】自他共に傷つける香港関連法案は必ず挫かれる
    2019年12月4日(水) 22時40分
     米国は最近になり、中国の極めて強い反対を顧みず、「香港人権・民主主義法案」という名の法案を成立させた。米国のこうした行動は、香港の繁栄と安定を傷つけ、米国自身と国際社会の利益をも損ねるものだ。 米国は長期にわたり、香港から重要な経済利益を得てきた。香港は米国にとって世界で6番目...
  • 【CRI時評】「新疆問題」を弄べば、中国の断固たる反撃に遭遇する
    2019年12月4日(水) 22時0分
     現地時間3日、米連邦議会下院は横暴にも、いわゆる「2019年ウイグル人権政策法案」を可決し、中国新疆の人権状況を故意に誹謗し、中国の過激化除去とテロ撲滅に向けた努力を公然と中傷した。こうした動きは国際法と国際関係の基本ルールに対する深刻な違反であり、中国に対する甚だしい内政干渉...
  • 【CRI時評】祖国こそが香港の繁栄・安定の後ろ盾である
    2019年12月4日(水) 10時24分
    最近、米国は中国の幾度にもわたる厳しい交渉と強烈な反対を顧みず、横暴にも「香港人権・民主主義法案」という名の法案を成立させ、中国の内政にあからさまに干渉し、香港の繁栄と安定を著しく損ねた。
  • 【CRI時評】中国は貿易強国の建設に向けた堅実な一歩を踏み出す
    2019年12月4日(水) 10時22分
    中国はこのほど、「貿易の質の高い発展の推進に関する指導意見」を発表した。
  • 【CRI時評】長江デルタ、中国対外開放の新たな「高台」に
    2019年12月2日(月) 22時45分
      中国共産党中央と国務院(中国中央政府)はこのほど、「長江デルタ地域一体化発展計画綱要」を発表した。この「重量級」の綱要は、今後5年間ないし15年間の長江デルタ地域の一体化発展を指導する基本方針を示す文書だ。 全世界経済の下押し圧力が増大し、一国主義や保護主義が絶えず台頭する国...
  • 【CRI時評】暴力を支持して香港に災いをもたらしては人心を得られない
    2019年12月2日(月) 21時25分
     米国は最近「香港人権・民主主義法」を成立させた。「反中乱港」分子の暴行を公然と保護し、広範な香港市民の人権や民主と自由を踏みにじり、香港を乱し中国の発展を牽制しようとする愚かなたくらみの下心はきわめて悪辣だ。 5カ月間以上にわたり、香港の大規模な違法暴力活動は絶えずエスカレート...
  • アメリカは香港干渉をやめるべき=新華社論評
    2019年12月2日(月) 12時20分
     新華社通信は1日、「米国は人権を建前に香港問題や中国の内政に干渉する慣用手段をやめるべき」と題する論評を掲載しました。論評では「このほど、米国で『香港人権・民主主義法案』が成立したが、これはアメリカの慣用手段であり、人権と民主主義を建前にして覇権主義を貫き、香港の繁栄と安定、『...
  • 米の香港人権法成立は香港市民の人権を侵害=香港各界
    2019年12月2日(月) 12時20分
     香港の社会各界は、「米国がいわゆる『香港人権・民主法案』を強引に成立させることは暴力行為の助勢であり、香港市民の人権をひどく侵害した」と見ています。 香港中華輸出入商会(HKCIEA)の林龍安会長は、「米国によるいわゆる『香港人権・民主法案』の署名と成立の目的は、香港単独の関税...
  • 第2回海南島国際映画祭開幕、文化産業の高品質発展を推進
    2019年12月2日(月) 11時5分
     国家映画局の指導、中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ/CMG)と海南省人民政府の共催による第2回海南島国際映画祭が12月1日、三亜市で開幕しました。慎海雄CMG台長、中国共産党海南省委員会副書記を務める瀋暁明省長が開幕式で挨拶し、慎台長が映画祭の開幕を宣言しました。...
  • 【CRI時評】ダブルスタンダードの弄びは失敗の運命
    2019年12月1日(日) 19時55分
     米国は先日、いわゆる「香港人権・民主法案」を強引に成立させ、「民主」「人権」の看板を掲げて香港問題と中国の内政に著しく干渉し、国際法と国際関係の規範に著しく背いて、そのダブルスタンダートの偽善と横暴を再び曝け出した。米国のこうした行動は道理と世論に背くものであり、失敗に終わる結...
  • 【CRI時評】米国式覇権は必ず歴史の袋小路に入り込む
    2019年12月1日(日) 15時30分
     米国はこのほど、中国側の度重なる厳正な申し入れも顧みず、いわゆる「香港人権・民主主義法案」を成立させた。国際舞台で再び赤裸々に演じられた、米国式覇権主義と強権政治によるショーは、中国政府と中国人民の断固たる反対に遭うだけでなく、国際社会から幅広い批判や非難も浴びている。 覇権主...
  • 新華社論評:米国は人権ダブルスタンダードを廃すべき
    2019年12月1日(日) 14時0分
     このたび、米国で「香港人権・民主主義法案」が成立したことに対して、新華社通信は11月30日に「米国は自らの行動を鏡に映し、人権に関するダブルスタンダードを廃すべきである」と題する論評を掲載し、「米国は人権と民主主義を建前にすることで中国の内政に粗暴に干渉し、香港が暴力の制止と秩...
  • 【CRI時評】中国人はいかなる外部の威嚇にも絶対に屈服しない
    2019年11月29日(金) 21時55分
     米国は先ごろ、大統領が署名することによりいわゆる「香港人権・民主主義法案」を成立させた。このことは、香港の過激な暴力犯罪分子を公然と後押しし、香港問題に甚だしく干渉し、中国の内政に甚だしく干渉する行為であり、国際法と国際関係の基本ルールへの重大な違反だ。香港を乱し中国の発展を牽...
  • 香港議員、香港関連法案成立を強く非難
    2019年11月29日(金) 14時45分
     香港特別行政区立法会の一部議員は28日、いわゆる「香港人権・民主主義法案」が米国で成立したことを強く非難しました。議員らは、「この法案の成立は事実を無視し、香港の内部事務にひどく干渉した。香港人の反対意見を聞かずに独断専行する露骨な覇権行為である」と指摘しました。 全国人民代表...

SNS話題記事