【募集中】韓国語社内スタッフ
  • 【CRI時評】「一帯一路」建設は質の高い発展期に突入する
    2019年4月25日(木) 21時10分
     3日間の会期で開催される第2回「一帯一路」国際協力サミットフォーラムが25日、北京市内で始まった。同フォーラムには、150以上の国と90以上の国際組織から5000人近くが招待され出席した。 2013年に中国の習近平国家主席が「一帯一路」イニシアティブを発表して以来、「一帯一路」...
  • 【CRI時評】中国が宇宙分野の開放と協力で大きな度量を示す
    2019年4月24日(水) 23時55分
     第4回の「中国・宇宙の日」となった24日には、人々を奮い立たせる知らせが次々にもたらされた。まず、中国の宇宙ステーションについての最新の情報だ。中国は有人宇宙船12基と目標飛行船「天宮1号」、宇宙実験室「天宮2号」の打ち上げに成功したこと、宇宙飛行士11人、延べ人数では14人を...
  • 【CRI時評】「海洋運命共同体」の構築に、中国海軍は力を発揮しつづける
    2019年4月23日(火) 22時30分
     中国海軍は23日、創設70周年を迎えた。習近平国家主席兼中央軍事委員会主席は山東省青島で同日、中国海軍創設70周年の記念活動への参加招待に応じた外国の軍関係者と会談し、中国海軍艦隊と航空部隊、および外国軍艦船による観艦式に臨んだ。習主席はさらに、初めて「海洋運命共同体」イニシア...
  • 「一帯一路」5G+4Kコミュニケーションイノベーション国際フォーラム開催=北京
    2019年4月23日(火) 18時5分
     第2回「一帯一路」国際協力サミットフォーラムを控え、「一帯一路」5G+4Kコミュニケーションイノベーション国際フォーラムが22日、北京で開催されました。フォーラムには、25の国と地域からの報道機関50社余りの関係者150人余りが出席しました。 席上、王暁暉中国共産党中央宣伝部常...
  • 【CRI時評】習近平主席が米国の高校生に返信、「友好的未来」を応援し激励
    2019年4月22日(月) 23時0分
     中国の習近平国家主席は最近になり、米イリノイ州のナイルズノース高校で中国語を学ぶ生徒40人余りからもらった手紙に対して、彼らの質問に答え、中米両国民の友好を増すことに貢献するよう激励する返信を送った。 習主席は返信の中で、自らが哲学、歴史、文学、文化、音楽、スポーツなどに強い興...
  • 【CRI時評】WTOが中国に下した裁決、どちらが勝利したかではない
    2019年4月21日(日) 13時35分
     米国が2016年12月に提訴した中国の小麦、コメ、トウモロコシの3種類の農産品の輸入関税割当制度をめぐる紛争解決訴訟で、世界貿易機関(WTO)は18日、裁決結果を公表し、中国のアプローチには不透明な点があり、WTO加盟時の約束に違反するとの判断を示した一方で、中国には割当の分配...
  • 【CRI時評】米国は5年内に有人月着陸を再現できるのか
    2019年4月19日(金) 17時30分
     米国のペンス副大統領は最近になり、米国家宇宙会議(NSpC)に出席して、米国は2025年までに、宇宙飛行士を再び月に送ると表明した。ペンス副大統領は、トランプ大統領が2017年12月11日に署名した「宇宙政策大統領令」を再確認し、21世紀における米国の有人月着陸計画のスケジュー...
  • 【CRI時評】6.4%!ーー中国経済から積極的なシグナル
    2019年4月18日(木) 17時40分
     中国国家統計局は17日、2019年第1四半期(1‐3月)の国内総生産(GDP)は前年同期比6.4%増の21兆3433億元だったと発表した。伸び率は昨年第4四半期(10-12月)の水準を維持した。
  • 【CRI時評】トランプ大統領とカーター氏の初めての電話、ポンペオ長官らに一撃
    2019年4月17日(水) 19時45分
    米国のカーター元大統領は15日、トランプ大統領と前々日に電話で会話したことを明らかにした。トランプ大統領から電話があったのは初めてで、中国についての話をすることが目的だったという。カーター元大統領によると、トランプ大統領は中国が米国を追い抜くことをとても心配していた。しかしカータ...
  • 【CRI時評】ポンペオ長官の言論が、中国·ラテンアメリカ協力にくさびを入れることはできない
    2019年4月16日(火) 23時40分
     米国のポンペオ国務長官は11日、チリ、パラグアイ、ペルー、コロンビアの4カ国歴訪を開始した。その目的は、これらの国とベネズエラ問題についての立場を調整し、ベネズエラにさらに多くの制裁を実施することを含めて、米国の政策への支持を取り付けることだった。 しかし、ポンペオ長官が重点と...
  • 【CRI時評】英国のEU離脱、あと6カ月で奇跡は起こるのか
    2019年4月15日(月) 21時10分
     英国のEU離脱について、行き詰まりの事態が続いている。最新の情報によれば、英国議会では「ブレグジット」について2度目の国民投票を行う提案が出され、そのための議論を行う「可能性が高い」という。 国民投票の再実施を主張する人は、1回目の投票の際に英国人はいわゆる「ブレグジット」につ...
  • 【CRI時評】中国は全世界の貿易の「安定装置」でありつづける
    2019年4月12日(金) 21時55分
     中国税関は12日、今年第1四半期の貿易に関するデータを発表した。貿易総額は前年同期比3.7%増の7兆100億元で、うち輸出は同6.7%増の3兆7700億元、輸入は同0.3%増の3兆2400億元だった。 具体的に見れば、中国の第1四半期の貿易には「安定の中に質の向上」という特徴が...
  • 【CRI時評】世界経済の「微妙な時」にあって、中国はエンジンでありつづける
    2019年4月11日(木) 20時35分
     中国国家統計局が11日に発表したデータによると、中国の3月消費者物価指数(CPI)は前月比で0.4%の下落、前年同月比では2.3%の上昇で、相対的な安定を保持した。生産者物価指数(PPI)は前月比で0.1%上昇、前年同月比では0.4%の上昇で、回復基調にある。国際通貨基金(IM...
  • 【CRI時評】中国と欧州は最終的にウィンウィンに到達
    2019年4月10日(水) 16時25分
     中国の習近平国家主席の今年最初の外遊が欧州3カ国歴訪だったのに続き、李克強総理の今年初の訪問先も欧州にスポットライトを当てたことで、中国・欧州双方の外交地図にとって、相手側が重要であることが浮き彫りになった。 現地時間9日、李克強総理は欧州理事会のトゥスク議長、欧州委員会のユン...
  • 【CRI時評】米国が続けざまに中東をかき回す、一国主義が世界の平和を破壊
    2019年4月9日(火) 22時10分
     イスラエルで4月9日、議会選挙が始まった。一方で米国のトランプ大統領はしばらく前に、イスラエルのゴラン高原に対する主権を認めると宣言し、国際社会の強烈な反発を招いた。これは実のところ、イスラエルのネタニヤフ首相に対する「特大のプレゼント」だった。なぜなら、トランプ大統領の発表で...
  • 【CRI時評】国際資本は中国の何を有望視しているのか
    2019年4月8日(月) 14時10分
     中国人民元建て国債と政策銀行債がこの4月から、ブルームバーグ・バークレイズ・グローバル総合インデックスに組み入れられた。国際通貨基金(IMF)の駐中国首席代表であるアルフレッド・シプケ氏は、中国が国際金融システムに溶け込む上での「重要なマイルストーン」だと述べている。 ブルーム...
  • 【CRI時評】中米両国が共にグローバルな責任を負うべき
    2019年4月6日(土) 15時5分
     トランプ米大統領はホワイトハウスで4日、第9ラウンドの中米経済貿易ハイレベル協議をワシントンで進めている中米全面経済対話の中国側リーダーである劉鶴中国共産党中央政治局委員兼国務院副総理と会談した際に、双方のチームが早期に全面的で歴史的な合意を得てほしいとの希望を示した。トランプ...
  • 劉鶴副総理、米大統領と会談=ワシントン
    2019年4月5日(金) 17時0分
    米国のワシントンで第9ラウンドの中米経済貿易ハイレベル協議に参加している、中国共産党中央政治局委員、中米全面経済対話の中国側リーダーである劉鶴副総理は、現地時間4日、ホワイトハウスでトランプ大統領と会談しました。
  • 【CRI時評】中国と米国は共同で大国の責任を負うべき
    2019年4月4日(木) 14時45分
     中国の習近平国家主席は1日、世界各国・機関の元指導者らからなる組織「エルダーズ(The Elders)」代表団と会見し、「大国間の関係は世界全体の戦略的安定性に関わり、大国はいずれも特殊な責任を負っている。中米関係は世界で最も重要な二国間関係の一つだ。米国側が中国側と向き合って...
  • 【CRI時評】工業のグレードアップで試される各国の知恵
    2019年4月3日(水) 22時0分
      ドイツ・ハノーバーで開催中のハノーバーメッセは世界でも最大規模の工業見本市だ。同メッセは世界の工業技術発展の「風向計」であり、国際工業貿易分野の「旗艦イベント」と見なされている。ドイツは2011年のハノーバーメッセで「インダストリー4.0」の概念を発表し、来るべき「第4次産業...
  • 【CRI時評】欧州の「中国恐怖症」について何から語ればよいのか
    2019年4月2日(火) 20時5分
     中国とイタリアは最近、「一帯一路」の協力覚書に署名し、両国の発展戦略をさらに強く結びつけた。この件は欧州の一部の人を強く刺激した。彼らは中国とイタリアの協力が欧州を分裂させたと考え、中国の投資により、中国経済の欧州連合(EU)に対する影響が絶え間なく強まると懸念している。彼らは...
  • 【CRI時評】中国がフェンタニルを全面管制、薬物問題で世界と共に歩む
    2019年4月1日(月) 23時25分
     中国公安部と国家衛生健康委員会、国家薬品監督管理局は共同で1日、5月1日付でフェンタニル類を「非薬用類麻酔薬品と精神薬品管制品追加リスト」に加えると発表した。このことは、中国はフェンタニル類を全面管制することを意味する。 向精神薬物の甚大な被害を受け、徹底的に苦しめられた国とし...
  • 2019年初歴訪 彭麗媛夫人の3つの活動
    2019年4月1日(月) 15時20分
     習近平国家主席と彭麗媛夫人が3月21日から26日にかけて、イタリア、モナコ、フランスへの公式訪問を行いました。 彭麗媛夫人は訪問期間中、今回も3つの活動を行いました。 1つ目は国事です。習近平氏との公式訪問で、具体的には歓迎式典、講演、パーティーへの出席などです。これらイベント...
  • 【CRI時評】山場を迎える中米貿易交渉、双方の利益「交わる部分」の拡大が必要
    2019年3月30日(土) 14時55分
     2日間に渡って行われた第8ラウンドの中米経済貿易ハイレベル協議が29日に北京で終了した。この協議はこれまでと同様に、中国共産党中央政治局委員、国務院副総理兼中米全面的経済対話中国側代表の劉鶴氏と、米国側ではライトハイザー通商代表とムニューシン財務長官が主導し、双方が合意書に関係...
  • 【CRI時評】海南の地は再び、中国の開放拡大の歩みの「生き証人」になった
    2019年3月28日(木) 21時45分
     中国・海南省で昨年開かれたボアオ・アジアフォーラムで、中国の習近平国家主席は市場参入の許可の大幅な緩和、これまで以上に魅力のある投資環境の創出、知的財産権保護の強化、主動的に輸入を拡大するという、開放拡大の4項目の重要措置を実施し、同措置は中国に、開放の進展の新たな段階をもたら...

SNS話題記事