Record China

ヘッドライン:

検索結果

「頑張れ」と言う日本人の先生に、「なぜ頑張らなくてはいけないの?」と聞いてみた―中国人学生

中国では入試の結果によって希望と異なる学部に振り分けられることがあり、日本語科の学生の中には仕方なく学んでいる学生も少なくない。そんな一人だった中南財経政法大学の張君恵さんは作文に自身の変化についてつづっている。資料写真。

2017年5月7日(日) 12時40分
続きを読む

あんなに反日だった周りの人に変化、「日本人って私が考えていた人たちと違うんだね」―中国人学生

国に対するイメージとは、往々にしてその国の人と接したことから形作られるもの。黒竜江外国語学院で日本語を学ぶ霍曉丹さんは、自身が日本語を学ぶきっかけとなった出会いと、周囲の反応の変化について、作文につづっている。資料写真。

2017年4月16日(日) 12時30分
続きを読む

日本大嫌いだった僕と日本人の転校生(2/2)=日本への憎しみは彼女との出会いですっかり消えた―中国人学生

日本のアニメがきっかけで日本を好きになる中国人は多いが、山東政法学院の劉安さんは子どもの頃、日本人の作品とは知らずに日本の漫画に夢中になっていたそうだ。自身と日本の漫画、将来の夢について作文につづっている。写真は映画「聖闘士星矢」のポスター。

2017年4月8日(土) 14時20分
続きを読む

日本大嫌いだった僕と日本人の転校生(1/2)=あの漫画をつくったのが「悪」である日本人だったなんて!―中国人学生

日本の漫画やアニメがきっかけで日本を好きになる中国人は多いが、山東政法学院の劉安さんは子どもの頃、日本人が描いたとは知らずに夢中になっていたそうだ。自身と日本の漫画、将来の目標について、作文につづっている。写真は聖闘士星矢のフィギュア。

2017年4月8日(土) 13時50分.
続きを読む

「なんだ、日本人って怖くないんだ」=戦争ドラマで見た憎らしいイメージが変わった瞬間―中国人学生

中国の大学では、入試の結果によって必ずしも希望した学科に入れるとは限らない。そのうちの一人だった蘭州理工大学の白宇さんは、日本語に興味がなかった自分を変えてくれた2人の日本人の先生について、作文につづっている。写真は蘭州市。

2017年3月19日(日) 12時20分
続きを読む

怖かった日本人のイメージが一変したワケ?=『校閲ガール』『嵐』の大ファンに―中国人の日本語作文コンクール優勝者

第12回「中国人の日本語作文コンクール」で最優秀賞(日本大使賞)を受賞した蘭州理工大学出身(現・南京大学大学院生)の白宇(パイユイ)さん(23歳)が来日し、Record Chinaのインタビューに応じた。

2017年2月26日(日) 19時0分
続きを読む

ランキング