Record China

ヘッドライン:

検索結果

【CRI時評】開放性と自信に満ちた中国軍は世界平和を守る強い力

 中国政府は24日、「新時代の中国国防白書」を発表した。中国共産党第18回全国代表大会以降で初となるこの総合型国防白書は、新時代における中国の防衛型国防政策を6つの面から体系的に紹介するものだ。同白書は世界に向けて中国の国防と軍隊建設の戦略方針、根本的遵守事項と世界的意義を明確に...

2019年7月25日(木) 12時30分
続きを読む

彭麗媛夫人、児童サマーキャンプのスタート式に出席

 世界保健機(WHO)の結核・エイズ対策親善大使を務める、彭麗媛・国家主席夫人が23日、北京科学センターで開かれた「『愛は陽光の下に」2019年大涼山児童北京サマーキャンプ」のスタート式に出席しました。式に先立ち、彭夫人は「院士が教える健康セミナー」などの科学普及イベントに参加し...

2019年7月24日(水) 21時35分
続きを読む

【CRI時評】米国式覇権こそ国際秩序の真の破壊者だ

 最近になり、米国では100人余りの、いわゆる対中タカ派の人物が連名で1通の公開書簡を発表し、現行の国際秩序の原則とルールを無視していると中国を攻撃し、中国への対抗を喧伝した。これらの米国人の陳腐きわまる主張は白を黒と言いくるめているだけでなく、傲慢さと無知、偏見に満ちている。 ...

2019年7月24日(水) 19時30分
続きを読む

【CRI時評】香港は外部勢力が波風立てることを決して容認できない

 香港でこのほど発生した一連の過激な違法暴力事件をめぐり、米英の一部議員は、「香港特別行政区政府は言論や集会の自由を尊重すべきだ」「香港の自治は保障されるべきだ」などとする誤った発言を続けている。こうした論調は、事実を無視し、白黒を逆転させ、反中国派を公然と援護射撃し、「一国二制...

2019年7月24日(水) 13時55分
続きを読む

【CRI時評】理性と忍耐心をもって中国資本市場の新たな道を切り開く

 上海証券取引所で22日午前9時30分、科創板(ハイテクスタートアップ企業向け証券市場)にとって初めての取引が始まった。売り買いされたのは25銘柄だ。科創板の始動は、中国資本市場の発展にとっての新たな旅のスタートだ。 中国の習近平国家主席が第1回中国国際輸入博覧会で科創板の設立と...

2019年7月22日(月) 23時10分
続きを読む

下心ある米政治家、「宗教の自由」語る資格なし

 とてつもない下心を持つ米国の政治家に、「宗教の自由」を語る資格がどこにあるのか 米国のペンス副大統領とポンペオ国務長官は18日、それぞれが別の演説で、中国について、宗教の自由を「抑圧」し、人権を「侵害」していると中傷した。宗教と人権を口実に中国の内政に粗暴に干渉し、中国に分裂と...

2019年7月20日(土) 14時35分
続きを読む

【CRI時評】欧州は香港問題について誤ったシグナルを発すべきでない

 欧州議会は18日、香港に関連する決議案を採択し、中国香港特別行政区政府に対して、いわゆる「平和的デモ参加者」を訴えることを取り消し、香港警察の公務執行について調査を行うことなど、理屈の通らない要求をした。この議案は香港で最近になり発生した悪質な暴力行為を見て見ぬふりするものであ...

2019年7月19日(金) 22時5分
続きを読む

【CRI時評】中国は知的財産権のさらなる保護にいっそう注力

 中国国家知的財産権局(SIPO)は最近ファーウェイの「月の撮影方法と電子設備」と名付けられた新たな特許を公布したが、17日に開催された中国国務院常務会議は知的財産権の保護にさらに力を入れる一連の措置を決定した。 今回の措置では、中国は知的財産権保護を拡大する次のステップとして四...

2019年7月18日(木) 22時35分
続きを読む

【CRI時評】IMF改革では新興経済体の発言権と代表制をさらに引き上げるべきだ

 国際通貨基金(IMF)理事会は現地時間16日、ラガルド専務理事の辞任願いを受け、次期専務理事の選出手続きにただちに入ると発表した。 21世紀になって以来、全世界の経済構造には重大な変化が発生している。新興経済体が急速に台頭し、全世界の経済成長に対する貢献度が絶えず増大している一...

2019年7月17日(水) 22時50分
続きを読む

【CRI時評】西側は新疆の反テロ経験から学ぶべき

 最近、ロシア、サウジアラビア、パキスタンなど37カ国の駐ジュネーブ大使は国連人権理事会議長と人権高等弁務官事務所高等弁務官に連名で書簡を送り、中国の新疆における人権事業の発展成果と反テロリズム、反過激化の成果を積極的に評価した。連名で書簡を送った37カ国には多くのイスラム国家が...

2019年7月16日(火) 22時35分
続きを読む

【CRI時評】安定しつつ発展する中国経済 上半期の「成績」を見せる

 中国国家統計局は15日、2019年上半期(1-6月)の国内総生産(GDP)は前年同期比6.3%増の約45兆900億元だったと発表した。世界経済が一国主義と保護主義の逆風に直面している状況にあって、中国経済が実現した総体的に平穏で、かつ安定を保った発展は、容易に実現できることでは...

2019年7月15日(月) 22時45分
続きを読む

【CRI時評】加盟国・地域が100に、AIIBの三つの求心力

 アジアインフラ投資銀行(AIIB)は13日、ルクセンブルクでの第4回年次総会で、ベナン、ジブチ、ルワンダのアフリカ3カ国の加盟を承認したと発表した。これによりAIIBのメンバーは100まで増えた。 北京に本部を置くAIIBは、インフラ投資に専念する新型多国間開発銀行だ。2016...

2019年7月14日(日) 14時10分
続きを読む

【CRI時評】台湾へ武器売却の米企業に制裁、国益を断固守る

 中国外交部は12日、米国がこのほど台湾への約22億2000万ドル相当の武器売却を承認したことについて、「中国はこの台湾への武器売却に関与する米国企業に制裁を実施する」と表明した。 周知のように、台湾は中国の領土の不可分の一部だ。米国による台湾への武器売却は、国際法と国際関係の基...

2019年7月14日(日) 12時30分
続きを読む

【CRI時評】中国の対外貿易は十分に粘り強い

 中国税関が12日に発表した今年上半期の貿易統計によれば、中国の貿易輸出総額は前年同期比3.9%増の14兆6700億元だった。貿易保護主義が深刻化しつつある現状にあって、中国が提出した「成績表」は簡単に達成できるものではない。 具体的に見て、中国の上半期の対外貿易には輸出入ともに...

2019年7月12日(金) 23時25分
続きを読む

【CRI時評】外資がまたもや中国経済に投じた「信任票」

 中国商務部が11日に発表したデータによると、今年の上半期に中国が実際に使用した外資は前年同期比7.2%増の4783億3000万元だった。中国への外資流入が世界の潮流に反して増え続けていることは、外資が実際の行動を通して中国経済に「信任票」を投じていることだ。 具体的なデータで見...

2019年7月11日(木) 22時35分
続きを読む

【CRI時評】「台湾を利用して中国をコントロール」米国のたくらみは火遊び

 中国は、米国務省が台湾に対する総額22億2000万ドル相当の兵器の売却計画を承認したことに、断固反対する厳正な立場を表明した。米国の今回の行動は、「一つの中国」原則と中米の3つの共同声明に深刻に違反し、中米首脳が先ごろ大阪での会談で達した共通認識に背き、中国の内政に粗暴に干渉す...

2019年7月10日(水) 13時0分
続きを読む

【CRI時評】今後の中欧関係は予想可能

 中国の習近平主席は7日、欧州理事会議長就任が決まったベルギーのミシェル首相に祝電を贈った。これは、中欧協力を積極的に推進していく中国の意欲を明白に示すものだ。 今年は欧州の政界にとって「交代」の年だ。5月の欧州議会選挙が終了した後、EUでは各国が新たな首脳陣の選出を巡り、協議に...

2019年7月9日(火) 20時25分
続きを読む

【CRI時評】世界が中国経済をさらに頼みにする三大要因

 マッキンゼー・グローバル・インスティテュート(MGI)が最近発表したリポートによると、世界経済の中国に対する依存度指数は、0.4だった2000年から徐々に上昇し、2017年には1.2に達した。同現象は経済のグローバルな発展の必然的な結果であり、国際社会の中国経済に対する信頼が絶...

2019年7月8日(月) 22時50分
続きを読む

【CRI時評】英国の一部政客による香港についての三つの過ち

 香港で最近になり、過激分子が立法会ビルなどを襲撃し破壊する暴力事件が発生した。英国では一部政治関係者が、すでに歴史上の文献になった「中英共同声明」を持ち出して、「英国が香港市民のために勝ち取った自由を、香港市民が防衛することを支持する」「香港特別行政区政府は、暴力行為が発生した...

2019年7月5日(金) 23時10分
続きを読む

【CRI時評】中米協力は民心の向かうところだ

 米紙「ワシントンポスト」は3日付で、「米国が中国を敵視すれば逆の結果が生じる」と題するトランプ大統領と米国議会にあてた公開書簡を掲載した。この公開書簡には、米国の学術界、外交界、軍関係、ビジネス界に属する100人が署名した。書簡は中米関係の悪化を懸念し、中国との関係悪化は米国お...

2019年7月4日(木) 23時25分
続きを読む

ランキング