Record China

ヘッドライン:

検索結果

エスカレートする北朝鮮の韓国批判、沈黙守る政府に「挑発・暴言になぜ何も言えないのか」と韓国紙

北朝鮮が韓国批判をエスカレートさせ、短距離弾道ミサイルの発射も繰り返している。一方で、韓国政府は沈黙を守ったままだ。韓国紙は「挑発・暴言になぜ何も言えないのか」と不満を募らせている。写真は北朝鮮・平壌市内の主体思想塔。

2019年8月17日(土) 17時20分
続きを読む

文大統領、日本の輸出規制に初言及も韓国ネットでは批判殺到=「まだ分からないのか」「反日感情を煽って…」

8日、韓国・聯合ニュースによると、文在寅大統領が同日の首席秘書官・補佐官会議で、日本の対韓国輸出規制に言及し「韓国企業に被害が発生した場合、政府としても必要な対応を取らざるを得ない」と述べた。写真はソウル。

2019年7月9日(火) 12時0分
続きを読む

外交部、朝米韓首脳の面会について

外交部(外務省)の耿爽報道官は1日の定例記者会見で、朝米韓首脳の面会について「今回の連動は各国の共通利益に合致する。関係各国がチャンスをしっかりと捉え、朝鮮半島の非核化と政治的解決が新たな進展を得るよう後押しすることを希望する」と述べた。

2019年7月2日(火) 16時50分
続きを読む

「文大統領は仲裁者から客に転落」韓国議員が米朝首脳会談に厳しい評価

1日、韓国・ニューシスによると、1日に南北境界の板門店で開催された米朝首脳会談をめぐり、韓国野党「自由韓国党」の羅卿ウォン院内代表が「文在寅大統領は初めは運転手、そして仲裁者を自称してきたが、ついには客に転落してしまった」と評価した。写真は板門店。

2019年7月1日(月) 16時20分
続きを読む

板門店で握手交わした米朝首脳

韓国訪問中のトランプ米大統領は6月30日、朝鮮の最高指導者・金正恩氏と板門店で握手を交わし、会談を行った。その後、トランプ大統領は朝鮮休戦協定調印以降、現職の米大統領として初めて軍事境界線の朝鮮側に足を踏み入れた。

2019年7月1日(月) 16時0分
続きを読む

<激動!東アジア>ファーウェイ取引容認!経済戦争“休戦”の狙い=米朝電撃首脳会談もトランプ再選戦略の一環

米国のトランプ大統領と中国の習近平国家主席による首脳会談で米中経済摩擦が緩和に向け舵が切られた。その後トランプ氏と金正恩北朝鮮委員長との南北非武装地帯・板門店での電撃的な会談が実現。東アジアを中心に、地政学的な大変動が起きていることを実感した。

2019年7月1日(月) 7時50分
続きを読む

ランキング