Record China

ヘッドライン:

検索結果

<台湾の行方>習近平政権手詰まり、台湾アイデンティティー拡大「膠着状況が続く」=小笠原東京外大准教授

小笠原欣幸・東京外国語大准教授が「台湾総統選挙の分析と今後の台湾政局」と題して講演。蔡英文氏の総統選圧勝について、台湾アイデンティティーが広がり、国民党と中国政権の苦境が鮮明になったと分析した。

2020年2月18日(火) 8時30分
続きを読む

来年の台湾総統選、民進、国民両党の候補者選び混沌、“台風の目”は「台湾のトランプ」鴻海の郭台銘会長

来年の台湾総統選で民進、国民両党の候補者選びが混沌としてきた。再選を目指す民進党の蔡英文総統は出馬に黄色信号がともり、国民党では「台湾のトランプ」といわれる鴻海グループの郭台銘会長が“台風の目”になっている。写真は郭台銘氏(左から2番目)。

2019年5月4日(土) 17時0分
続きを読む

日本の教科書が尖閣を「領土」と記述=台湾では市民団体が蔡政権の沈黙を批判―中国メディア

31日、2020年4月から使用される小学校の社会の教科書に尖閣諸島が「日本固有の領土」と記述されたことをめぐり、台湾では市民団体から蔡英文政権が沈黙していることに批判の声が上がっているという。写真は台湾の民進党本部。

2019年4月1日(月) 18時20分
続きを読む

日本人が台湾に報復=原発事故地域の農産物を輸入しないためCPTPP加入に難色―中国メディア

台湾や中国メディアは、台湾の福島原発事故関連地域からの農産物の輸入禁止を理由に、河野外相が台湾のCPTPP加入を認めない考えを示したと報じた。中国メディアは「日本人が報復」などの見出しで報じた。写真は中国の王毅外相(国務委員)と握手する河野外相。

2018年12月9日(日) 11時0分
続きを読む

台湾・蔡英文総統が民進党党首を辞任―統一地方選大敗受け、次期総統選出馬はほぼ不可能に

台湾の蔡英文総統は24日夜、民進党主席(党首)を辞任することを明らかにした。同日投開票の統一地方選の大敗の責任を取った。総統職は継続するが、2期目を狙うはずだった2020年の総統選出馬は、ほぼなくなったと考えてよい。

2018年11月24日(土) 23時17分
続きを読む

台湾が中国人観光客の牧場見学を禁止、豚コレラ感染恐れ―米華字メディア

9日、米華字メディア・多維新聞は、中国で初めてアフリカ豚コレラの発生が確認されたことに関し、「台湾農業当局はウイルスの侵入を防止するため、すでに台湾の畜産場と観光牧場への中国人観光客の立ち入りを禁止した」と伝えた。資料写真。

2018年8月13日(月) 13時50分
続きを読む

東京五輪には「台湾」名義で出場を!市民団体が公民投票実施に向け署名活動=専門家「日本への期待は空振りに終わる」

2日、台湾で市民団体が「チャイニーズタイペイ」ではなく「台湾」名義での東京五輪参加申請への賛否を問う公民投票実施に向けた署名活動を行う中、輔仁大学日本語学科の何思慎教授は「台湾独立派の『日本への期待』は恐らく空振りに終わる」との認識を示した。

2018年8月3日(金) 13時40分
続きを読む

歴史的な変化!台湾人の中国へのイメージ、プラスが初めてマイナス上回る―台湾メディア

17日、台湾の中国時報(電子版)によると、台湾民意教育基金会が同日発表した最新の世論調査結果で、台湾人で中国に対して「良い印象を持っている」と答えた人の割合が、昨年に比べて4.4ポイント上昇し、49%に達した。資料写真。

2018年6月19日(火) 7時10分
続きを読む

波紋広げる台湾行政院長の「独立した主権国家」発言、中国メディア「反国家分裂法に基づき起訴されるべきだ」とも

台湾の頼清徳行政院長(首相)が「台湾は独立した主権国家」と発言し、波紋を広げている。中国は中台関係の平和と安定を損なうなどと非難。一部メディアは「反国家分裂法に基づいて起訴されるべきだ」と主張している。写真は台湾総統府。

2018年4月7日(土) 19時20分
続きを読む

ランキング