Record China

ヘッドライン:

検索結果

中朝首脳会談、視線の先にはトランプ米大統領=蜜月関係アピールし、貿易摩擦、非核化で米国けん制

中国の習近平国家主席が北朝鮮を訪問、朝鮮労働党の金正恩委員長と会談した。中朝は貿易摩擦、非核化で対米交渉を抱える。中朝首脳の視線の先にいるのはトランプ米大統領で、両首脳は蜜月関係をアピールしてけん制した。

2019年6月21日(金) 19時40分
続きを読む

北朝鮮メディアが中国・習近平主席の署名文章を掲載、友好と支持を強調=新華社は訪朝を「意義重大」と強調

中国の習近平国家主席は北朝鮮の金正恩党委員長の招待を受け、20日から21日まで訪朝する。19日には、習主席の署名文章が北朝鮮の「労働新聞」など主要メディアに掲載された。写真は2019年1月の前回会談時に撮影。

2019年6月20日(木) 10時0分
続きを読む

日本軍国主義が復活・中国と戦争を起こす…などと言うのはやめよう、自らがしっかりしていれば問題なし―中国メディア

中国メディアの環球網は「日本とは必ず戦争だと叫ぶのは、もうやめましょう」と題する記事を発表した。同論説は「日本の軍国主義の復活を過度に心配する必要ない」と主張し、中国が自ら破滅的な失敗をしないかぎり、日本が中国の発展を妨害することはありえないと論じた。

2019年4月16日(火) 23時20分
続きを読む

田中角栄氏から始まる日本首相の16回の訪中を振り返る―中国メディア

安倍首相が25日から27日まで中国を公式訪問。日本の首相の公式訪中は7年ぶりであり、日中平和友好条約締結40周年と日中国交正常化46周年にもあたる。過去40数年、日中関係は困難を経験し、紆余曲折があり、日本の首相の訪中はその度に大いに注目されてきた。

2018年10月26日(金) 21時10分
続きを読む

<米中新時代(1/2)>「競争的共存」で衝突回避なるか=将来の“世界覇権”にらみ攻防激化

東西冷戦が終結した後、「唯一の超大国」として君臨してきた米国と「中華民族の偉大な復興」スローガンを掲げる中国。経済、軍事両面で将来の覇権を賭けた攻防が激化している。経済の相互利益の拡大を通じ、厳しい対立を回避できるかどうかが今後を占う鍵となる。資料写真。

2018年4月2日(月) 6時50分
続きを読む

ランキング