Record China

ヘッドライン:

検索結果

【CRI時評】ポンペオ氏の新疆めぐる発言は事実と相違、うそでは事実を覆い隠せない

どの国にも、宗教上の過激主義やテロリズムを取り締まる権利と義務がある。反テロの重点は予防にあり、経済の発展と国民生活の改善によって初めてテロリズムの根源を取り除くことができる。しかしながら、ポンペオ米国務長官の目には、これらすべてがゆがめ曲げられているようだ。ポンペオ氏はこのほ...

2020年7月7日(火) 11時30分
続きを読む

安定・繁栄の新疆の前に、米国政治家のデマは自滅する

米国では大統領の署名により、いわゆる「2020年ウイグル人権政策法」が成立した。同法は新疆の人権状況をほしいままに汚辱し、悪意をもって中国政府の新疆政策を中傷するものだ。そのため、2500万人の新疆の各民族の住民をも含め、中国国民は激烈に憤慨し、国際社会の正義派も同法の成立を非...

2020年6月20日(土) 17時40分
続きを読む

【CRI時評】米国政治家は新疆の反テロの揺るがぬ成果にいつまで頬被りするのか

大まかな統計では、1990年から2016年末までに、新疆ウイグル自治区では数千件の暴力テロ事件が発生して大量の罪のない民衆が殺傷され、莫大な社会的損失を招いた。だが、米国の政治家と一部メディアの意図的な操作と隠蔽によって、国際社会はこれについて知ることは極めて僅かだ。一部の米国...

2020年6月19日(金) 22時10分
続きを読む

【CRI時評】人権の看板を掲げテロ勢力を容認支持する米国は、その報いを受ける

米国では現地時間17日、トランプ大統領がいわゆる「2020年ウイグル人権法案」に署名したことで、同法が成立した。同法は中国新疆の人権状況をほしいままに中傷し、悪意をもって中国政府の新疆政策を攻撃している。米国のこの挙は、国際法と国際関係の基本ルールに著しく違反し、中国の内政に粗...

2020年6月19日(金) 17時50分
続きを読む

「2020年ウイグル人権政策法案」の可決に反発=外交部

アメリカ下院は「2020年ウイグル人権政策法案」を可決しました。これを受けて、中国外交部は18日に声明を発表し、「この法案は中国新疆ウイグル自治区の人権状況を意図的に貶め、新疆を治める中国政府の政策に対する悪質な攻撃だ。さらに国際法や国際関係の基本原則を公然と踏みにじり、中国の...

2020年6月18日(木) 20時10分
続きを読む

【CRI時評】ポンペオが語る「信教の自由」は笑い話

米国国務省は最近、いわゆる「各国の信教の自由に関する年次報告書(2019年)」を発表し、中国の宗教政策を公然と中傷した。同じ日に行われた記者会見で、米国のポンペオ国務長官はまたもやデマを放ち、中国が宗教を「抑圧」していると言いふらした。いわゆる「信教の自由」の名のもとに他国の内...

2020年6月13日(土) 11時25分
続きを読む

<全人代>李克強総理による政府活動報告抜粋

2019年および今年これまでの活動の回顧――経済の動きは全体的に安定していた。1年間の国内総生産(GDP)が99兆1000億元に達し、6.1%伸びた。都市部の新規就業者数が1352万人となり、調査失業率は5.3%以下に保たれた。消費者物価が2.9%上昇した。国際収支は基本的に均衡...

2020年5月22日(金) 19時40分
続きを読む

ランキング