Record China

ヘッドライン:

検索結果

台湾人も中国公館で保護、中国が新たな優遇策、来年1月の総統選控え台湾側は「選挙干渉」と警戒

中国が新たな「台湾優遇策」を打ち出した。台湾人が海外で危険に遭遇した場合、中国の在外公館に保護や支援を求めることができるなどの内容。来年1月の台湾総統選を控え、総統府は「選挙に干渉」と警戒している。中華民国総統府サイトより。

2019年11月9日(土) 15時10分
続きを読む

来年1月の台湾総統選、与野党候補の一騎打ちに、鴻海前会長の郭氏出馬断念、最大の焦点は中国との距離感

鴻海精密工業の郭台銘・前会長が来年1月の台湾総統選への出馬を断念した。これにより、与党・民進党の蔡英文総統と野党・国民党の韓国瑜・高雄市長の一騎打ちの構図が固まった。最大の焦点は中国本土との距離感だ。写真は台湾総統府。

2019年9月21日(土) 10時50分
続きを読む

来年の台湾総統選、民進、国民両党の候補者選び混沌、“台風の目”は「台湾のトランプ」鴻海の郭台銘会長

来年の台湾総統選で民進、国民両党の候補者選びが混沌としてきた。再選を目指す民進党の蔡英文総統は出馬に黄色信号がともり、国民党では「台湾のトランプ」といわれる鴻海グループの郭台銘会長が“台風の目”になっている。写真は郭台銘氏(左から2番目)。

2019年5月4日(土) 17時0分
続きを読む

台湾・蔡英文総統が民進党党首を辞任―統一地方選大敗受け、次期総統選出馬はほぼ不可能に

台湾の蔡英文総統は24日夜、民進党主席(党首)を辞任することを明らかにした。同日投開票の統一地方選の大敗の責任を取った。総統職は継続するが、2期目を狙うはずだった2020年の総統選出馬は、ほぼなくなったと考えてよい。

2018年11月24日(土) 23時17分
続きを読む

ランキング