Record China

ヘッドライン:

検索結果

日本人学生の「日本人は中国人が好きではない」という言葉が信じられず、インターネットで調べてみた―中国人学生

花見シーズンを迎え、多くの中国人観光客が日本を訪れている一方で、相変わらず指摘されているのがマナーの問題だ。東北師範大学の孫丹平さんは、自身の訪日体験から、中国人のマナーへの取り組みを提案している。

2016年4月9日(土) 7時40分
続きを読む

中国語はわからないだろうと日本を悪く言い続けた医者、本当はすべてわかっていた日本人の先生―中国人学生

中国人の中には、過去の歴史から日本や日本人を快く思わない人が大勢いる。自身もそのうちの一人だったという嶺南師範学院の張戈裕さんは、そうした考えを変えてくれた日本人の先生との出会いについてつづっている。写真は医師。

2016年3月25日(金) 6時50分.
続きを読む

「なんで中国人がいるの?」「中国人は出て行け」=責められた時にかばってくれた日本人の友達の言葉に涙―中国人学生

インターネットの普及により、チャットを通じて海外の人たちと直接やり取りができるようになったが、顔の見えないネット空間での交流には限界があると、西安財経学院の堯舜禹さんは指摘している。資料写真。

2016年3月9日(水) 10時10分
続きを読む

<インタビュー>「大阪人は中国人に似ている」「関西弁漫才は最高」―中国人の日本語作文コンクール最優秀賞『好きやねん、大阪』作者

日本語を学ぶ中国人を対象とした第11回「中国人の日本語作文コンクール」(日本僑報社・日中交流研究所主催、日本外務省など後援)で最優秀賞を受賞した山東政法学院4年の張晨雨さん(20)が来日し、Record Chinaのインタビューに応じた。

2016年2月27日(土) 14時10分
続きを読む

「中国人がこんなに付き合いやすいとは思わなかった」=日本人のバイト仲間の言葉に複雑な思いがした―中国人学生

日中関係を表す言葉として、「近くて遠い国」という表現がよく用いられるが、上海交通大学の李さんは、自身が日本に留学したときの体験から、日中は必ず「近くて近い国」になれると確信したようだ。

2016年1月8日(金) 6時40分
続きを読む

「何があったらそんなに泣けるの?」=理解できなかった私は、日本人の涙を見てその意味を知った―中国人学生

日本人と中国人は、互いの国や人について誤解していることも多いが、実際に交流して友情を深めている人々も数多くいる。浙江農林大学の楊娟さんは、自身が出会った日本人との友情を強く信じているようだ。

2016年1月3日(日) 11時50分
続きを読む

ランキング