Record China

ヘッドライン:

検索結果

日本アニメの海賊版に夢中になった幼少期、今は「愛の爆買い」で好きな作家を支えたい!―中国人学生

日本では中国人観光客による爆買いが終息していると報じられているが、「政治や経済に影響を受けない爆買い」も存在する。そう主張するのは、国際関係学院の喬志遠さん。喬さんは中国人の「爆買い」を、オタク目線で紹介している。

2017年6月25日(日) 12時50分
続きを読む

「日本は思ったほど悪くなさそうね」=反日だった叔母のあまりの変わりように、ぽかーんとしてしまった―中国人学生

日中両国の相互理解の不足とはよく言われることだが、些細なことがきっかけでイメージがガラリと変わることもあるようだ。国際関係学院の王晨陽さんは、日本旅行のお土産を受け取った親戚の反応について作文につづっている。資料写真。

2017年6月18日(日) 12時50分
続きを読む

なぜ「ありがとう」と言わないの?日本人の先生がエレベーターで発した言葉に違和感―中国人学生

言語を学ぶ上では、単純に言葉を知っているだけでなく、表現方法の違いについても理解することが重要だと言われる。天津科技大学で日本語を学ぶ陳麗さんは、日本人の先生が発したひと言に違和感を覚えたようだ。資料写真。

2017年6月11日(日) 13時40分
続きを読む

「頑張れ」と言う日本人の先生に、「なぜ頑張らなくてはいけないの?」と聞いてみた―中国人学生

中国では入試の結果によって希望と異なる学部に振り分けられることがあり、日本語科の学生の中には仕方なく学んでいる学生も少なくない。そんな一人だった中南財経政法大学の張君恵さんは作文に自身の変化についてつづっている。資料写真。

2017年5月7日(日) 12時40分
続きを読む

あんなに反日だった周りの人に変化、「日本人って私が考えていた人たちと違うんだね」―中国人学生

国に対するイメージとは、往々にしてその国の人と接したことから形作られるもの。黒竜江外国語学院で日本語を学ぶ霍曉丹さんは、自身が日本語を学ぶきっかけとなった出会いと、周囲の反応の変化について、作文につづっている。資料写真。

2017年4月16日(日) 12時30分
続きを読む

日本大嫌いだった僕と日本人の転校生(2/2)=日本への憎しみは彼女との出会いですっかり消えた―中国人学生

日本のアニメがきっかけで日本を好きになる中国人は多いが、山東政法学院の劉安さんは子どもの頃、日本人の作品とは知らずに日本の漫画に夢中になっていたそうだ。自身と日本の漫画、将来の夢について作文につづっている。写真は映画「聖闘士星矢」のポスター。

2017年4月8日(土) 14時20分
続きを読む

ランキング