<写真特集>1876年開園の横浜公園で晴れやかな気分に

配信日時:2020年12月19日(土) 19時30分
画像ID  1269728
1876年に開園した横浜公園を、横浜中華街で働く闞乃峰が紹介する。
1876年に開園した横浜公園(横浜市中区)を、横浜中華街で働く闞乃峰(カン・ナイフォン)が紹介する。

横浜公園は同市の公園としては2番目に古く、横浜スタジアムがあることでも知られる。その姿をカメラで捉えた闞は、「敷地のほとんどをスタジアムが占めているが、残されたスペースには日本庭園や噴水、美しい花や樹木が見事に配置され、さまざまな風景を目にできる。園内は静かで、晴れやかな気分になれる」との感想を作品に添えた。(翻訳・編集/野谷)

●闞乃峰(カン・ナイフォン)
1974年生まれ。高校卒業後、飲食業の仕事に就き、2007年7月に来日。現在は横浜中華街で働いている。外の風景に目を向けることが大好きで、美しいものを見つけると常に「カメラに収めたい」という気持ちに。
おすすめ記事

SNS話題記事