Record China

ヘッドライン:

日本の「離島保全法」、尖閣でのにらみ合いに発展する可能性―専門家

4月7日 16時20分
7日、人民網は、日本で「有人離島保全に関する特別措置法」が施行したことについて、中国の軍事専門家が「尖閣諸島の軍備を常態化させようとしている」と分析したことを伝えた。
2017年4月7日、人民網によると、日本で「有人離島保全に関する特別措置法」が施行したことについて、中国の軍事専門家が「尖閣諸島の軍備を常態化させようとしている」と分析したことを伝えた。

同法は今月1日に施行された。日本政府は3月中旬、同法に基づき、土地買収によって外国船の不法侵入などを防ぐことを盛り込んだ国境付近の離島保護に関する基本方針案を制定していた。記事は、「中国による頻繁な海洋活動や、外国資本による離島の購入が増えるなか、日本政府が離島を領海、排他的経済水域を守る上での拠点とし、現地の過疎化を防ぐ必要があると判断した」との見方を伝えている。

中国の軍事専門家・杜文龍(ドゥー・ウェンロン)氏はこれについて、「同法の施行は、日本がこれまで考えていたことを法律に昇華させたものであり、日本が海上警備隊や自衛隊員を島に上陸させる意図が示された。尖閣諸島(中国名:釣魚島)にレーダーや防衛兵力、さらには各種ミサイルや兵器を配備する可能性も否定できない。また、当該海域に揚陸艦、ヘリコプター、固定翼艦載機などを常態的に配備する可能性もある。日本による『軍事の正常化』がさらに色濃くなる」とコメントした。

また、同じく軍事専門家の曹衛東(ツァオ・ウェイドン)氏は「尖閣問題で日本は中国と座して協議するつもりはなく、軍事手段で島の支配を強化し続けている。明らかに中国固有の領土を軍事目標化しており、中国との軍事的なにらみ合いが起こりかねない。同法の施行は対立をさらに深めるものだ。日本はさらに、同法によって周辺地域の軍事的な囲い込みを画策している」と語っている。(翻訳・編集/川尻
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

護衛艦「かが」就役の日本メディア報道に中国メディアが反論「日本メディアは大口をたたいている」=中国ネット「大言壮語なタイトルをつけたな」

護衛艦「かが」就役の日本メディア報道に中国メディアが反論「日本メディアは大口をたたいている」=中国ネット「大言壮語なタイトルをつけたな」

<尖閣問題>日本EEZで台湾が無断で海洋調査、「調査の権利ある」と台湾政府―仏メディア

<尖閣問題>日本EEZで台湾が無断で海洋調査、「調査の権利ある」と台湾政府―仏メディア

日本は「尖閣諸島は中国の領土」という事実を変えられない―中国外交部

日本は「尖閣諸島は中国の領土」という事実を変えられない―中国外交部

海上保安庁がリアルタイム映像伝送装置を設置へ=中国メディア「日本が中国船巡航を全力で阻止」

海上保安庁がリアルタイム映像伝送装置を設置へ=中国メディア「日本が中国船巡航を全力で阻止」

バックに米国がいる日本の尖閣諸島での優位性は揺るがない、日本メディア報道に中国ネット「バックに誰がいようと関係ない」

バックに米国がいる日本の尖閣諸島での優位性は揺るがない、日本メディア報道に中国ネット「バックに誰がいようと関係ない」

新着動画

一体何が!?マンション8階に宙吊りの女性、物干しに片足引っかけた状態

一体何が!?マンション8階に宙吊りの女性、物干しに片足引っかけた状態

移動式カメラの上にツバメの巣、スライドしまくるひな鳥

移動式カメラの上にツバメの巣、スライドしまくるひな鳥

独特すぎる中国のカカシ

独特すぎる中国のカカシ

新型コロナで3カ月後に帰宅、ケーブルだと思ったら恐ろしく伸びた山芋の芽だった

新型コロナで3カ月後に帰宅、ケーブルだと思ったら恐ろしく伸びた山芋の芽だった

子どもが6階の窓の外に、通りがかった男性がよじ登って救出

子どもが6階の窓の外に、通りがかった男性がよじ登って救出

最新記事はこちら
最上部に戻る