朴大統領が「歴史を正視せよ」と日本批判=「敵の敵は友」「韓国では恥をおかずに飯が食える」―中国ネット

配信日時:2014年7月3日(木) 6時0分
朴大統領が「歴史を正視せよ」と日本批判=「敵の敵は友」「韓国では恥をおかずに飯が食える」―中国ネット
画像ID  427336
2日、韓国の2014年7月2日、中国新聞網によると、韓国の朴槿恵大統領は先日、中国中央テレビのインタビューに応じ、日本を批判した。中国ネットユーザーはさまざまなコメントを寄せた。写真は朴大統領。
2014年7月2日、韓国の2014年7月2日、中国新聞網によると、韓国の朴槿恵大統領は先日、中国中央テレビのインタビューに応じ、日本を批判した。

その他の写真

朴大統領は、日本の一部の指導者の誤った歴史観と不適切な言動について遺憾に思うとし、「日本は慰安婦問題の存在を認める姿勢を継承するとしながら、一方では、河野談話について検証している。これは河野談話の精神を破壊しようとする行為だ」と指摘。「日本の指導者が早急に、正しく歴史を認識し、周辺国と信頼関係と協力関係を築くことを切に願っている」とした。

これについて、中国版ツイッターにはさまざまなコメントが寄せられている。

「カッコイイ!」
「中韓が手を組んだら、日本はおしまいだ」
「歴史は変えられない。歴史は事実だ。安倍が南京に行って被害者に土下座して過ちを認めれば、寛大なわれわれは許してやる」

「敵の敵は友ってことか」
「この問題でのみ、共通認識があるな」
「日本にはドイツにならって自らの行いを正視してほしい」

「なんと図々しい。朝から晩まで日本人が自分たちの国の女性を汚したことを取り上げて恥ずかしくないのか。韓国では本当に、恥をおかずに飯が食える」
「父親の朴正煕(パク・チョンヒ)は日本の陸軍士官学校を卒業し、日本陸軍少尉となった。後に軍功により中尉に昇進している。朴槿恵は歴史を正視し、中国人に謝れ」(翻訳・編集/北田
最新ニュースはこちら

SNS話題記事