韓国軍兵士乱射事件、軍当局は非常事態警報「珍島犬1号」発令し追跡に全力―韓国メディア

配信日時:2014年6月22日(日) 14時16分
韓国軍兵士乱射事件、軍当局は非常事態警報「珍島犬1号」発令し追跡に全力―韓国メディア
画像ID  426192
22日、韓国・朝鮮日報によると、韓国軍当局は、韓国北東部の江原道高城郡にある陸軍部隊の見張り所で21日に発生した乱射事件を受け、最高非常警戒態勢を表す「珍島犬1号」警報を発令した。資料写真。
2014年6月22日、韓国・朝鮮日報によると、韓国軍当局は、韓国北東部の江原道高城郡にある陸軍部隊の見張り所で21日に発生した乱射事件を受け、最高非常警戒態勢を表す「珍島犬1号」警報を発令した。人民日報(電子版)が伝えた。

その他の写真

「珍島犬」警報は、敵軍の武装スパイが韓国に侵攻した場合や武装兵が脱兵した際に発令される。「珍島犬3号」は平時の状態を示し、敵軍の武装スパイの侵攻が予想される状態になると「珍島犬2号」、敵軍の侵入が確認された段階で「珍島犬1号」警報が発令されるという。

韓国・聯合ニュースによると、21日午後8時すぎ、韓国北東部にある南北軍事境界線に近い陸軍の見張り所付近で、警戒勤務を終えた韓国軍兵士が、手りゅう弾を投げたうえ、銃を乱射した。乱射した兵士は銃と実弾を持って逃走している。(翻訳・編集/NY)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事