日本や韓国で捨てられた衣類、中国で安く販売されボロもうけ=消毒もされず衛生面に問題も―中国紙

配信日時:2014年5月10日(土) 7時50分
日本や韓国で捨てられた衣類、中国で安く販売されボロもうけ=消毒もされず衛生面に問題も―中国紙
画像ID  420897
8日、日本や韓国で廃棄された衣類が業者を通じて回収された後、中国へ密輸され、再び販売されていることが明らかになった。資料写真。
2014年5月8日、中国紙・時代周報によると、日本や韓国で廃棄された衣類が業者を通じて回収された後、中国へ密輸され、再び販売されていることが明らかになった。

その他の写真

廃棄された衣類は日本や韓国、さらには欧米諸国からもコンテナに詰め込まれ中国へ運ばれており、その中には子供服も少なくない。検疫などの検査を逃れるため、税関の手の及ばない海域からひそかに陸揚げされているという。

このようなごみ同然に仕入れた古着は1着あたり最も安い物で2〜3元(約32〜48円)、状態の良い物でも数十元と安価に販売されている。業界関係者によると、日本や韓国の衣類が特に若者に人気だが、密輸品であることも古着であることも隠し、「輸出用商品」や「工場流れ品」として販売している。

こうした古着はネットを中心に販売されているが、消毒など販売前の処理は何も施されず、汚れだけでなく細菌やウイルスが繁殖している可能性がある。また、ネット上で流通している安価なブランド品は大半が違法なコピー商品だが、素人には見分けがつきにくい。(翻訳・編集/岡田)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事