日本人選手をKOの中国格闘家=「釣魚島は中国の領土だ」と領有権を主張―中国メディア

配信日時:2014年3月11日(火) 15時18分
日本人選手をKOの中国格闘家=「釣魚島は中国の領土だ」と領有権を主張―中国メディア
画像ID  413838
11日、東方網の報道によると、7日に行われた中国の総合格闘技イベントで、中国人選手が日本人選手をKOし、インタビューで「最も言いたいことは、“釣魚島(尖閣諸島)は中国の領土”だということだ」と語った。資料写真。
2014年3月11日、東方網の報道によると、7日に行われた中国の総合格闘技イベントで、中国人選手が日本人選手をKOし、インタビューで「最も言いたいことは、“釣魚島(尖閣諸島)は中国の領土”だということだ」と語った。

その他の写真

試合は序盤から中国人選手がリードし、最終的にとび膝蹴りで日本人選手を下した。中国人選手の一龍(リングネーム)は少林寺や太極拳、ボクシングといった数多くの格闘技を習得し、日本人選手との試合でも多彩な技を見せたという。同選手は勝利後のインタビューで尖閣諸島の領有権を主張したほか、「中国のカンフーのすごさを示すために、全力を出し切った。しかし武道家の試合と国家の政治は別問題だ。日本の武道家に対し、正しい態度で接してほしい」と話している。(翻訳・編集/内山
最新ニュースはこちら

SNS話題記事