Record China

ヘッドライン:

<コラム>「中国人爆食報道」にノー!中国のバイキングビュッフェで思うこと

配信日時:2020年10月8日(木) 16時20分
拡大
写真は、日本の報道とほぼ同時期に中国で報道された「中国人爆食」を取り上げた記事に添えられた、とある店の「お皿に残った食べ物が50グラムを超えたら30元お支払いいただきます」という表記。

「中国人は料理を残すのがマナー。日本の食べ放題では、残したら罰金というルールが多いが、日本語が分からない中国人には通用しない。バイキングで食べきれないほど皿に盛って、半分以上残すこともざらだ」。

ちょっと待ってほしい。「中国人は料理を残すのがマナー」とわざわざ断っておきながら、「半分以上残すこともざら」とその「(外国また外国人の)マナー」を問題視されてしまうと、非常に混乱してしまう。むしろそのマナー自体がおかしい云々とはっきり言ったほうが、もっと分かりやすくないか。

とはいえ、最も大きな誤解は「日本の食べ放題では、残したら罰金というルールが多いが、日本語が分からない中国人には通用しない」という一文だ。これは全くの誤解である。

中国のバイキングビュッフェで、残したら罰金というルールのないバイキングビュッフェはほとんどない。「残したら罰金というルール」は、中国では当たり前なのだ。そうでもしないと収拾がつかないというのは、ほかでもない中国にいる僕たちが一番よく知っている。

だから日本ではなく中国であれば、半分以上残すこともまずあり得ない。罰金をわざわざ払うような無駄を、中国人がするわけがない。そしてこれもまた、「日本語が分からない中国人」のために中国語の表記をすればいいだけのことである。

そのようなわけで、この記事の締めくくりにある「気持ちよく『おもてなし』するためにも(日本人の)マナーの周知はさらに徹底したいところだ」という一文に全く異存はない。そう、必要なのは「周知」であって、それ以上でもそれ以下でもない。

事例その2:“爆食”にノー! 世界で進むビュッフェの中国人観光客「隔離政策」 |AERA dot. (2016年04月07日)

この記事は「対処法」を紹介しているという点では方向的に正しい(しかも2016年3月に報じられた「エビ爆食事件」がフェイクニュースであることを暴露している)。

だが、都内でツアーガイドをする20代の在日中国人のコメントは……中国人の君がそんなことを言って、本当にいいのか?と諭してあげたくなってしまう。

「いまパックツアーで日本を訪れる層は内陸部の中間層の中高年でお世辞にもマナーはよくない。壮絶な生存競争を体験している世代なので、ビュッフェのような『取ったもの勝ち』の世界では、ついつい本能的に動いてしまうのでしょう。僕らのような若い中国人からすると彼らの思考回路は狂ってるとしかいいようがない」。

えーっと、君は恐らく毛主席時代の大飢饉(1958年-1962年)の話をしているんだろうから、70代ぐらいの人の話をしているということでOK?であれば、極めて辛い体験を余儀なくされたそれらおじいちゃんおばあちゃんをつかまえて、「彼らの思考回路は狂ってるとしかいいようがない」とは、日本人へのおべっかにしてはちょっと言い過ぎだとは思わないか。

というか、君はバイキングビュッフェで『取ったもの勝ち』な中国人客の実際の「世代」とやらを、少し勘違いしてはいないか? 70代ぐらいの中国人が自分でそんなことをするとは、中国人の常識からして考えられない。

「ついつい本能的に動いてしまう」というのは、食事の席でその世代を立てようとする、彼らの子や孫の世代だろう? そう、君自身が中国にいた時に必ずや目にし、君自身もしていたに違いない、「おじいちゃんおばあちゃん、ほら、一番いいところを食べて!」という、いつものあれだ。であれば「思考回路が狂ってる」のは一体誰なのか、少し座ってじっくり考えてみるといい。

そしてこの記事は、結論がいただけない。「傍若無人でマナーの悪い層がいなくなれば、世界の見る目も変わってくるかもしれない」というのだが、インバウンド観光客が日本に必要なのは10年20年後ではなく今なのだから、やっぱり今この時に「内陸部の中間層の中高年」な中国の観光客も当然受け入れるしかないだろうと思う。僕たちはもはや客を選べるような殿様商売ができなくなった、という方向に、メディアは僕たちをリードすべきではないか。

では、こうした「中国人爆食報道」の、一体どこがノーなのか? 

この手の記事の多くが、中国人の食習慣や食に対する見方が日本人のそれとは違うことばかりをことさら強調し、日本のインバウンドに必要不可欠な実際的かつ具体的な対処法について前向きに論じていない。しかも日本人の「中国人観光客はもう勘弁してください」みたいな非現実的コメントや、中国で中国人相手には絶対に言わないであろう在日中国人のおべっかであふれている。

一方で、「中国人観光客はなぜバイキングが好きなの? | MIホールディングス」という記事などは、どうやって中国人観光客をバイキングビュッフェでおもてなしすればいいかを論じるあたり、非常に現実的で好感が持てる。

加えて「中国では、食べ放題でペナルティ? | チャイニーズドットコム」という記事も、「ほかの客が不快に思うのもうなずけます」という部分を除けば(中国の一体どこの誰が、中国人の食習慣や食に対する見方を不快に思うのか?)、中国現地の「中国人爆食」また「残したら罰金というルール」について、かなりの程度正確に伝えている。

さて、そろそろ時間だし、僕も家族を連れて近所のバイキングビュッフェへ行くとしよう。断っておくけど、僕たち客もお店も他の誰も、中国のバイキングビュッフェで不快なことなど何もない。

願わくば、日本にとって今や不可欠なインバウンドゆえに、中国人旅行客の「爆食」に遭遇せざるを得ない日本人の皆さんもまた、バイキングビュッフェで不快なことなど何もありませんよう。

■筆者プロフィール:大串 富史
本業はITなんでも屋なフリーライター。各種メディアでゴーストライターをするかたわら、中国・北京に8年間滞在、中国・青島に3年間滞在。中国・中国人・中国語学習・中国ビジネスの真相を日本に紹介するコラムを執筆中。

※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング