「人民をバカにするな!」日本批判の人民解放軍に中国ネットユーザーが反発―中国

配信日時:2013年12月22日(日) 14時3分
「人民をバカにするな!」日本批判の人民解放軍に中国ネットユーザーが反発―中国
画像ID  404988
20日、中国国防部の耿雁生報道官は、日本が中国人民の感情を傷つけたと批判した。中国ネットユーザーには賛同の声を上げる者もいる一方で、勝手に中国国民の感情を代表するなとの反発も見られる。写真は耿報道官。
2013年12月20日、中国国防部の耿雁生(グン・イエンション)報道官は、日本が中国人民の感情を傷つけたと批判した。中国ネットユーザーには賛同の声を上げる者もいる一方で、勝手に中国国民の感情を代表するなとの反発も見られる。

その他の写真

17日に日本が閣議決定した国家安全保障戦略、防衛大綱、中期防衛力整備計画を耿報道官は猛批判。日本は侵略の歴史を否定し被害国国民の感情を傷つけており、自由、民主、人権、法治を語る資格はないと強く批判した。

このコメントを掲載した新浪網には3000件以上ものコメントが寄せられている。同意者が多かった人気のコメントを見ると、上位には「中国は日本侵略者により強硬な行動を採るべきだ。一切の代価を惜しまず日本に勝利し民族の恨みを晴らせ」「日本よ、中国の平和的発展を邪魔するな。おまえらの魂胆はお見通しだ」と日本批判のコメントが並ぶ。

しかし日本批判一色かというとそうではない。「人民に真相を伝えてほしい。外国相手と国内相手で言うことを変えないでほしい。人民はバカではない」「一般の中国人は別に日本に対して“感情”とやらを持っていない。軍や政府は日本が中国人民の感情を傷つけたと強調するが…。やれやれ」「人民はバカではない。(中国政府は)時代の潮流を見てほしい」「こうやって(国内の矛盾を)外に押しつけるんだな」といった政府批判のコメントも少なくない。

習近平(シー・ジンピン)体制は発足後、国内ネット世論に対する締め付けを強化。官僚向けには自由、民主、人権、法治など普遍的権利は中国転覆を狙う欧米の陰謀だとの秘密通達が出されている。国内で取り締まる一方で日本には人権が分かっていないとお説教するダブルスタンダードが一部ネットユーザーの怒りを買ったようだ。(翻訳・編集/KT)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事