日韓企業が共同で大型カジノリゾートを建設、中国人観光客需要を狙う―韓国

配信日時:2013年10月26日(土) 23時7分
日韓企業が共同で大型カジノリゾートを建設、中国人観光客需要を狙う―韓国
画像ID  399656
22日、ロイターは韓国最大のカジノ企業であるパラダイスグループが仁川市に大型カジノを建設すると報じた。投資額は17億ドル。韓国最大のカジノリゾートとなる。写真は仁川空港。
2013年10月22日、ロイターは韓国最大のカジノ企業であるパラダイスグループが仁川市に大型カジノを建設すると報じた。

その他の写真

仁川市に建設されるカジノ、パラダイス・シティは日本のセガサミーホールディングスと提携したプロジェクト。17億ドル(約1650億円)が投じられ、韓国最大のカジノリゾートとなる。ソウル国際空港から車で数分という好立地だ。1日16万人の観光客が利用、うち3分の2が中国人になると見込まれている。

仁川市のカジノ建設については、日本のユニバーサルエンターテイメント、米国のシーザーズ・エンターテイメント、インドネシアのリッポーグループが共同で建設計画を申請していたが、韓国政府は今年6月、却下している。理由については公表されていない。(翻訳・編集/KT)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事