日本のピザハットで従業員が生地を顔に張り付ける=「食べ物で遊ぶな!」の声―中国版ツイッター

配信日時:2013年8月21日(水) 13時28分
日本のピザハットで従業員が生地を顔に張り付ける=「食べ物で遊ぶな!」の声―中国版ツイッター
画像ID  394510
19日、日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社は、同社が運営する「ピザハット」のアルバイト従業員が、ピザ生地を顔に張り付けた画像をツイッターに投稿していたと明かした。これに対し、中国版ツイッターでもさまざまなコメントが寄せられている。
2013年8月19日、日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社は、同社が運営する宅配ピザチェーン「ピザハット」のアルバイト従業員が、店内でピザ生地を顔に張り付けた様子を撮影し、その画像をツイッターに投稿していたことを明らかにした。

その他の写真

同社によると、従業員は5月9日の閉店後に、廃棄予定のピザ生地を顔に張り付けた様子を撮影。生地はその後廃棄され、客には提供されていないという。この従業員は、今月18日に画像をツイッターに投稿したが、その数時間後に画像を見た人から同社あてにメールで通報があった。会社側は本人に確認し、すぐに投稿を削除させた。従業員は「終業後だったので、軽い気持ちでいたずらしてしまった」と話したという。この件について同社は、「従業員に対しては、社内調査結果を踏まえ、厳格な処置を下す」としている。

このニュースは中国でも「日本のピザハット店員、顔に生地を張り付ける=解雇の可能性も」などと報じられ、関心を集めている。「中国版ツイッター」と呼ばれる簡易投稿サイトでは、「食べ物で遊ぶな!」と批判する意見や「中国のケンタッキーはこんなもんじゃない」と自虐的な意見などが寄せられている。以下は寄せられたコメントの一部。

「食べ物で遊ぶな!」
「バカはあちこちにいるもんだな」
「(顔に張った)ピザ生地を廃棄したなんて信じられないね」
「(日本の一連のアルバイト店員の不祥事を受けて)ピザハットまで問題が起きたのか」

「仕事を始めたばかりの学生や実習生は、これを教訓として同じ過ちを犯さないように!」

「こんなにユーモアのある従業員をどうして解雇するの?」
「これくらいで解雇されては、中国人は働けないな」
「(中国)国内のケンタッキーを見てみろよ、こんなもんじゃないだろう」(翻訳・編集/北田
最新ニュースはこちら

SNS話題記事