Record China

ヘッドライン:

【動画】「鳥肌」「これはやばい」… 日本人絶賛の『君の名は。』組曲が130万回再生、演奏しているのは中国の楽団だった!

配信日時:2019年9月27日(金) 16時10分
拡大
「鳥肌が立った」「これはやばいわ」…。YouTubeで130万回以上再生されている『君の名は。』組曲。演奏している中国の楽団で指揮を務める男性に、「中国初」のACG楽団の立ち上げの背景、そして『君の名は。』の組曲演奏にまつわる裏話を聞いた。

■YouTubeで大反響!『君の名は。』組曲演奏にまつわる秘話

YouTubeでは『君の名は。』の組曲の動画が大反響を呼んでいる。「あの曲は日本の40mP(イナメトオル)さんが編曲したものです。楽団のメンバーから推薦を受けて初めて聞きましたが、震えましたね。すぐに演奏したいという思いが芽生えました」と弦上さん。ツイッターを通じて40mPさんに連絡を取り、アレンジと演奏の同意を得た。2017年の末に収録して、完成したものを本人に送った。「彼も喜んでくれました。私も大好きです。楽器のパートの配分がとても細かく、練習しているだけでも楽しかったです」。

写真は動画より

動画の中で、弦上さんを含め数人が『君の名は。』の登場人物のコスプレをしていることも魅力の一つだ。弦上さんは「楽団にはたくさんのコスプレイヤーがいるんです。この曲の収録のプランを話し合っている時に、彼らからコスプレの提案がありました」と明かし、「楽曲の情感を伝えるにしても、聞いている人が原作のシーンを思い出して演奏を楽しめることにしても(コスプレは)プラスです。コスプレがパフォーマンスの一部になればいいと考えています」とその意図を説明した。今後も曲に合わせて、積極的にコスプレを採用していきたいという。

■「ACG文化の発祥地」日本に感謝

YouTubeの動画には「ファンになった」というコメントをはじめ、日本語のメッセージが多数寄せられている。弦上さんに感想を聞くと、「日本はACG文化の発祥地であり、アニメーションやゲーム作品、現代ACG交響曲の発展の先駆者です。私たちはまさに、日本が残してきた経験を借りて、自分たちの未来への道を開拓しています。ここに感謝を述べたいと思います。同時に、日本の方々にも引き続き私たちに注目していただけたら幸いです」と語った。

写真はメンバー(楽団提供)

楽団の目標は、楽しく音楽を演奏すること、そして活動を通じて多くの人に管弦楽やACGの魅力を伝えること。動画の反響を受け、「日本での活動にも力を入れたい」と弦上さん。今後の活躍に期待したい。(取材/北田

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中国映画評価サイトのアニメランキングで「千と千尋の神隠し」を抑えて1位になっている日本の作品とは?

21日に中国で劇場公開が始まったスタジオジブリのアニメーション映画「千と千尋の神隠し」が好調な滑り出しを見せる中、中国の映画評価サイトで同作を上回る評価を獲得しているアニメ映画がある。写真は「千と千尋の神隠し」のチケット。

Record China
2019年6月26日 12時10分
続きを読む

「君の名は。」中国で上映終了、興行収入95億円=中国ネットからはさらなる日本アニメの上映を期待する声

5日、中国のポータルサイト・今日頭条が、アニメ映画「君の名は。」が中国で上映終了となったことを伝える記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は映画「君の名は。」。

Record China
2017年2月5日 22時0分
続きを読む

ランキング