「すぐ稼ぎたい」中国にはブランドは生み出せない―米紙

配信日時:2013年7月31日(水) 7時50分
「すぐ稼ぎたい」中国にはブランドは生み出せない―米紙
画像ID  392522
26日、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは、「てっとり早く稼ぎたいという心理では、ぜいたく品は生み出せない」と題し、中国ではアップル社製品から高速鉄道まで何でも作れるのに、オリジナルの精巧なハンドバッグは作れないと報じた。写真は福建省の縫製工場。
2013年7月26日、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは、「てっとり早く稼ぎたいという心理では、中国はぜいたく品は生み出せない」と題し、アップル社製品から高速鉄道まで何でも作れるのに、オリジナルの精巧なハンドバッグは作れないと報じた。27日付で環球時報が伝えた。

その他の写真

実際、プラダからアップル社まで、世界のトップレベルの企業が中国に外注しているにもかかわらず、質の良い中国ブランドを探し出すのは難しい。これはぜいたく品に限らず、自動車、スマートフォン、家電なども例外ではない。

ある2人の中国の芸術家にとっても、これが悩みの種だ。彼らはプレミアムギフトやアパレルを扱う会社を立ち上げ、商品はニューヨークの博物館や香港の百貨店で販売されている。今年初頭、工場から送られてきた製品のどれもにヒビが入っていたため、約200点の作品を不合格とせざるを得なくなり、出荷が約3カ月も遅れてしまった。工場によると、何年も同じ仕入先から仕入れているのだが、原材料の質が安定しないことが原因と分かった。

特に、腕時計やジュエリーなど複雑で精巧な物ほど、中国でレベルの高い物を探すのは大変だ。04年にフランス人のギョーム・ブロシャード氏が中国の宝飾ブランドを合弁で立ち上げたが、中国では信頼できる工場が見つからず、フランスで製造するしかなかった。同社の責任者は、「ぜいたく品企業はリターンが多いが、成功するには長い時間をかける必要がある。中国ではビジネスチャンスが多すぎて、賢い中国人はこの業界にあまり関心を持たない」という。

ぜいたく品というものは、由緒や伝承がとても重要だ。上海中欧国際工商学院で教鞭をとるMichel Gutsatz主任によれば、中国企業は3年以内に1つのブランドを成功させたいと考えるが、通常ブランドが出来上がるには15〜30年はかかるという。西洋のブランド企業では、主な技術者は数十年も同じ製品を作るが、中国の労働市場はそれほど安定していない。コンサルティング会社のローランド・ベルガ―社のデータでは、中国の労働市場は毎年19%の人が職を替えるが、西側先進国ではわずか5%だ。社員が頻繁に辞めるたびに、新人を訓練し直さなければならない。これでは技術が蓄積できず、労働効率が下がってしまう。中国では、皆がてっとり早く稼ぎたいと考えるようだ。(翻訳・編集/中原)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事