ジャッキー・チェンの娘を生んだ女優エレイン・ン、出産は「迷いなく」決断―香港

配信日時:2013年6月18日(火) 12時30分
ジャッキー・チェンの娘を生んだ女優エレイン・ン、出産は「迷いなく」決断―香港
画像ID  388905
16日、香港の女優エレイン・ンが香港メディアのインタビューで、ジャッキー・チェンとの間に生まれた娘について、「迷わず出産を決めた」と語っている。写真はエレイン・ン。
2013年6月16日、香港の女優エレイン・ン(呉綺莉)が香港メディアのインタビューで、ジャッキー・チェンとの間に生まれた娘について、「迷わず出産を決めた」と語っている。北京青年報(電子版)が伝えた。

その他の写真

中華圏最大級のミスコン「ミス・アジア」出身のエレイン・ンは、1999年にジャッキー・チェンとの間に女児を出産。そのまま芸能界から姿を消したが、2011年に居住先の上海から香港に戻り、タレント活動を再開している。

エレインによると、90年に参加した「ミス・アジア」はモデルのバイト先でスタイリストに勧められて応募したもの。美しいドレスが着られて、パリにも行けるというのが、応募を決めた単純な動機という。グランプリ獲得後、そのままデビューし、端正な美貌で一躍アイドル女優に。デビュー直後から主演に恵まれたが、「他のスターを見習う形で」わがままいっぱいに振る舞い、仕事をドタキャンするといった大物ぶりがあったことを自ら認めている。

不倫関係がうわさされていたジャッキーとの間に子供を妊娠した時は、「即決即断を迫られた」と語っている。堕胎するか、未婚の母として出産するかの選択だが、エレイン自身に出産をためらう気持ちはなかったという。妊娠したことは「喜び」または「恐怖」のどちらだと親友に聞かれ、素直に「うれしい」と思えたことが、出産を決めるきっかけに。今年で14歳になる娘のエッタ・ン(呉卓林)ちゃんについて、「娘は誰よりもいい友人」と語っている。

家庭では母親のエレインだが、結婚歴はなし。このため、「生まれてきたからには、何でも経験したい。1度は結婚したい」と語っている。もし結婚するなら、外国人男性が理想だという。(翻訳・編集/Mathilda
最新ニュースはこちら

SNS話題記事