Record China

ヘッドライン:

中国人が思わず「ああ、残念…」、日本のあちこちにある「ヘンテコ中国語案内」

配信日時:2019年7月7日(日) 10時0分
拡大

確認してみると、確かに「検票口」「剪票口」という案内がそれぞれある。別の駅では、「検票口」と「剪票口」の案内板がほぼ並べて設置されていた。記者がJR東日本東京支社広報課に取材したところ、「以前は『剪』でしたが、現在は『検』を使用しています。より分かりやすい表記にするための変更です。順次、『剪』から『検』に変更しています」との説明だった。

写真は駅の案内板


中国人目線を意識した「気付き」があり、上述の男性の「なぜ併用しているのだろう?」という疑問はいずれ解消されそうだ。

▼「ヘンテコ中国語案内」が出現する原因、解決策は?

そもそも「ヘンテコ中国語案内」はなぜ出現するのだろう。日本語は「漢字かな混じり」だが、中国語は基本的に漢字だけで構成される。だから漢字だけが並ぶ文句を目にすると、案内を作った側はそれが正しい中国語でなくても「うん。中国語になった」と納得してしまうのかもしれない。同問題に注目してきた在日中国人作家の黄文葦氏は「翻訳アプリに頼りすぎ」と指摘した。

黄氏は「ネーティブに分かりやすい案内を出すためには翻訳のプロに任せるしかありません」と断言。「日本では、中国語を教える講師がたくさん活躍しています。彼らに頼めば良いと思います。ボランティアでよいから『ヘンテコ中国語』を直したいと考える人もいるでしょう」と提案した。

前出の呂氏は、「『おもてなし』は日本の強み。もっとコストをかけるなど、力を入れて取り組むべきではないでしょうか? 他の国でいい加減な対応をされても、さほど気にはなりません。でも、それが日本だと失望感は大きい」と語る。日本への期待が高いからこそ、それが「裏切られた」と感じた時の落胆は大きいということだ。

中国では訪日ブームが続いており、日本政府観光局(JNTO)によると、2018年に日本を訪れた中国人客は前年比13.9%増の838万100人だった。「観光立国」を掲げる日本にとっては頼もしくありがたい存在だが、「日本で一番印象に残ったのは変な中国語だった」となっては笑うに笑えない。(取材/野谷
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング