日本人女性が撮ったわが子と愛犬の写真、中国のネット上で大人気―台湾メディア

配信日時:2013年4月9日(火) 21時41分
日本人女性が撮ったわが子と愛犬の写真、中国のネット上で大人気―台湾メディア
画像ID  378797
8日、動物と子供はカメラマンなら誰しも認める撮影が極めて難しい「二大被写体」だ。しかし、両者が一緒にいると、他の追随を許さない圧倒的な可愛らしさが生まれ、素晴らしい作品が完成する場合が多い。
2013年4月8日、動物と子供はカメラマンなら誰しも認める撮影が極めて難しい「二大被写体」だ。しかし、両者が一緒にいると、他の追随を許さない圧倒的な可愛らしさが生まれ、素晴らしい作品が完成する場合が多い。可愛い柴犬「Maru」と男の子の赤ちゃん「一茶(Issa)」はその代表例といえよう。台湾・今日新聞網の報道を引用して中国新聞網が伝えた。

その他の写真

自分の赤ちゃんと飼い犬を一緒に遊ばせようとする親は多い。しかし一方で、子供の月齢が小さいと、ペット感染症を心配する人もいる。実のところ、赤ん坊が大人から病気を移される確率は、犬から感染する確率より何倍も高い。海外の研究者によると、家で犬を飼っている家庭の子供がアレルギー体質になる確率は、犬を飼っていない家庭の子供より低く、免疫力はより高いという。大切なことは、生活環境を清潔に保つことであり、汚い原因をペットに押し付けることは筋違いである。

2歳になった「一茶」くんは、赤ちゃんのころから兄貴分の柴犬「Maru」と一緒に生活し、遊んで過ごしてきた。日本から米国に嫁いだ「一茶」君の母親「Manamoon」さんは、彼らの日々の様子をカメラで記録し、ブログにアップしてきた。日がな一日ベタベタとくっつき合い、一緒にご飯を食べたり、一緒に眠ったり、時には一緒にお風呂まで入る彼らを見ていると、大変微笑ましく、思わず彼らがうらやましくなる。そんな姿が癒されるのか、中国のネットで人気を集めている。(提供/人民網日本語版・翻訳/KM・編集/内山
最新ニュースはこちら

SNS話題記事