深刻な中国の大気汚染、土壌汚染=子どもの先天的障害や脳の発育に影響している可能性も―米誌

配信日時:2013年1月31日(木) 10時33分
深刻な中国の大気汚染、土壌汚染=子どもの先天的障害や脳の発育に影響している可能性も―米誌
画像ID  368638
29日、米誌アトランティック電子版は記事「先天的障害の視点から中国の汚染を考える」を掲載した。深刻な汚染が先天的障害や発育に影響している可能性を懸念している。写真は30日、霧とスモッグに覆われた北京。
2013年1月29日、米誌アトランティック電子版は記事「先天的障害の視点から中国の汚染を考える」を掲載した。

その他の写真

先日来、話題となっているのが中国の大気汚染。北京市はスモッグと一体化した霧にすっぽりと覆われ、数十メートル離れた先もよく見えないほどの状況となった。微小粒子状物質(PM2.5)の濃度が安全基準値の10倍に達した地域もあるなど深刻な汚染が報じられている。

中国の汚染を伝えたアトランティックの報道に、ある読者がメッセージを寄せた。その読者はこの10年間、外国人が中国の子どもを養子として引き取る仲介の仕事に従事しているというが、以前と比べて口唇裂や指の欠損など先天的障害を持つ子どもの数が増えているとコメントした。中国で生活しているという別の読者は大気や食品から重金属を吸収することで、子どもの脳の成長に影響があるのではないかとの推測を伝えている。

記事は重金属などの汚染が中国の子どもの先天的障害や発育に影響しているかについて論評する資格はないと述べつつも、中国の汚染レベルは驚くべきほどであり、その深刻さは中国人自身も把握できないレベルに達しているのではないかと警告している。(翻訳・編集/KT)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事