英国の廃棄物が中国ではごちそうに!英閣僚、直ちに輸出すべしと提言―中国メディア

配信日時:2012年11月24日(土) 6時58分
英国の廃棄物が中国ではごちそうに!英閣僚、直ちに輸出すべしと提言―中国メディア
画像ID  357957
22日、英国では廃棄されている鶏爪を中国に輸出できないか、上海を視察した英閣僚が提案した。鶏爪だけではなく、ニワトリのクビや心臓なども英国では廃棄されるか、ペットの餌にされている部位。もちろん中国人はそれらもおいしい料理に変えている。写真は鶏爪。
2012年11月22日、チャイナデイリーによると、英国では廃棄されている鶏爪を中国に輸出できないか、上海を視察した英閣僚が提案した。

その他の写真

先日、英国のオ−ウェン・パターソン環境・食料・農村地域相が、英国の食品企業、飲料企業約40社の幹部を引き連れて上海市を訪問した。これらの企業の対中輸出を伸ばすのが目的だ。

一行が上海市の英国系スーパー・テスコを訪問した時のこと。中国の美食には欠かせない鶏爪(ニワトリのツメ、鶏もみじ)が売られていたが、ブラジルからの輸入品だと知った。パターソン大臣は「北アイルランドの養鶏業界は毎週900万トンもの鶏爪を廃棄するためにお金を支払っているのに!」と仰天。中国に輸出するべし、と提言した。

鶏爪だけではなく、ニワトリのクビや心臓なども英国では廃棄されるか、ペットの餌にされている部位。もちろん中国人はそれらもおいしい料理に変えている。すでに豚足、ブタのしっぽ、耳、舌などは英国から中国に輸出されているとあって、ニワトリの部位もユーラシアの西から東へと輸出される日が近そうだ。(翻訳・編集/KT)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事