日本車狙った車上荒らし78件、「これは愛国行為」と説明―広東省江門市

配信日時:2012年9月22日(土) 9時44分
日本車狙った車上荒らし78件、「これは愛国行為」と説明―広東省江門市
画像ID  347829
21日、中国・広東省江門市では今月14日以降、車上荒らしが多発しているが被害に遭う車両の多くが日本車だという。写真は海南省海口市の街頭に出現した広告。「尖閣は中国のもの」と書いてある。
2012年9月21日、中国・広東省江門市では今月14日以降、車上荒らしが多発しているが被害に遭う車両の多くが日本車だという。南方都市報の報道。

その他の写真

20日、江門市公安局が会見で明かした。18日には車上荒らしに及んだ7人組を拘束した。いずれも無職の若者で、最年少は16歳だったという。金に困っての犯行だったが、彼らは犯行理由について「これは愛国心ゆえの行為」と説明した。尖閣問題で高まる反日感情を利用した犯行は、今月14〜18日のわずか5日間で78回も繰り返されたという。(翻訳・編集/愛玉)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事