<コラム>中国最新ステルス戦闘機J―20、年産40機の可能性も

配信日時:2018年9月9日(日) 16時10分
中国最新ステルス戦闘機J―20、年産40機の可能性も
画像ID  1022302
中国のポータルサイト新浪は8月28日、中国の航空機メーカーが製造ラインを増やし、最大で年間40機のJ―20が製造できるようになるかもしれないとする記事を掲載した。写真はJ―20。
中国のポータルサイト新浪は8月28日、中国の航空機メーカーが製造ラインを増やし、最大で年間40機のJ―20が製造できるようになるかもしれないとする記事を掲載した。

さらに、中国国営のテレビ局である中国中央電視台(CCTV)は、航空機製造会社である成都飛機工業公司が、2019年のうちに4本目の生産ラインを増やすと報道した。成都飛機工業公司は中国の最新ステルス戦闘機J―20を生産しているメーカーである。もしも4本の生産ラインをフルで使用すれば、年間40機のJ―20戦闘機の生産が可能になるという。

J―20戦闘機については、今年の2月に作戦能力が形成されたと公式に発表され、7月には夜間訓練の映像が公開されている。

新浪の記事によると、パキスタンがJ―20ステルス戦闘機の最初の海外顧客になる可能性が非常に高いと、インドの退役軍人が発言した。そうなれば、インドとパキスタンの空中戦力のバランス近郊は失われるという。

J―20は中国の最新鋭戦闘機であり、現在のところ中国政府はJ―20を輸出する意向を持ってはいない。しかし新浪によると、J―20の生産数が十分に増え、現在のエンジンより強力な新型のWS―15エンジンが装備されるようになれば、初期型のJ―20が輸出されないとは限らないとしている。たとえば、中国のJ―10戦闘機は、以前は海外に販売されていなかったが、現在、中国は積極的に海外顧客を求めている。

インドはロシアの第5世代ステルス戦闘機Su―57(インド版はFGFA)の開発に出資していたが、その性能に満足できず、現在インドはSu―57への追加投資に消極的になっている。現状のままでは近い将来においても、インドの高性能戦闘機はロシアのSu―30戦闘機や、フランスのラファール戦闘機などになる可能性が高い。これらの戦闘機は、中国の第5世代J―20戦闘機より1世代前の第4世代機に分類され、ステルス機ではない。

軍事には機密があって当然とはいえ、中国政府や中国軍の情報統制のベールは非常に厚い。謎の多い中国のJ―20戦闘機については、さまざまな報道が飛び交っており、その内容も信憑性もさまざまだ。日常的に中国語メディアの軍事報道をチェックしている人なら、「J―20ステルス戦闘機の性能は米国のF―22やF―35に匹敵する」といったような内容の記事を頻繁に目にしているだろう。

米海軍協会の機関誌である『プロシーディングマガジン』2017年10月号には、専門家の発言として、元米国防総省上級幹部職(Senior Executive Service:SES)で、現在は米・公共政策研究所のシニアアナリストであるマーク・シュナイダー氏の論文が掲載されている。同論文に引用されている文献は見慣れたものが多いが、シュナイダー氏の経歴からすると、彼が一般人にはアクセスできない国家機密の情報をも意識して書いている可能性は考慮されるべきだろう。今回はシュナイダー氏の論文を中心に、他の報道なども参考にしながら、中国のJ―20ステルス戦闘機の事情について、少し書いてみたい。

J―20は運動性より、速度や航続距離を優先して設計されている。J―20はマッハ1.2から1.8の速度に最適化されているように見えるという。J―20の翼面積はF―22より約25%も少なく、翼面荷重はほとんどF―35と同じである。

J―20は4個の大型増槽(外部燃料タンク)を装備できる。増槽を使用すれば航続距離を伸ばすことができるが、ステルス性が失われてしまう。ただし、J―20は増槽とそのパイロン(増槽を翼に取りつけるための支柱)を捨てれば、飛行中にステルス状態を取り戻すことができる。

J―20は明らかに、早期警戒管制機(AWACS)、空中給油機、第4世代機の脅威となる。多数のJ―20なら、F―22やF―35の脅威となりうるかもしれないと、シュナイダー氏は書いている。

アヴィエーションウィーク誌によると、J―20の任務は、中国が使用する対艦弾道ミサイルのための海上偵察と目標選定であり、また巡航ミサイルを発射する中国艦船を支援するとしている。

ロシアのPAK FA(Su―57)と同様に、J―20は明らかにいくつかの第5世代戦闘機の特徴を欠いているという。中国は、最新のエンジンやアビオニクスの開発で問題を抱えている。

元米空軍中将のデイビッド・デプチューラ氏は、J―20はロシアのPAK FA(Su―57)より進歩しているように見えると発言している。J―20は前方に対しては非常にステルス性に優れているが、側面や後方はそうではないとしている。また、J―20はドッグファイト用の戦闘機ではないとしている。
※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事