今夏、「日本風」ファッションが大ブームの兆し―中国

配信日時:2012年4月26日(木) 5時27分
今夏、「日本風」ファッションが大ブームの兆し―中国
画像ID  325756
24日、湖北省のニュースサイト・荊楚新聞網によると、中国では今夏、女性の間で「日本風」のファッションが大ブームになりそうだ。暑い夏を目前に控え、各百貨店や小売店は衣料品が販売のピークを迎えている。
2012年4月24日、湖北省のニュースサイト・荊楚新聞網によると、中国では今夏、女性の間で「日本風」のファッションが大ブームになりそうだ。暑い夏を目前に控え、各百貨店や小売店は衣料品が販売のピークを迎えている。人民網日本語版が伝えた。

その他の写真

湖北省武漢市にあるデパートや小売店に行ってみると、「日本風」のアパレル商品であふれていた。その火付け役は、流行の最先端を走る中国のアパレルメーカー「E-WORLD」や、日本の女性向けファッション誌ViViで頻繁に紹介される「snidel」などのブランドだ。シンプルなデザインのTシャツやボトムス、ストライプのカットソー、夏らしいマルベリーシルク製品、カラフルなビーチサンダル、ドレス、帽子などの商品が人目を引いている。

「E-WORLD」の担当者によると、今春夏シーズンは「日本風」を売りにしたブランドが特に多く、帽子やネックレスなど、プラスするだけで雰囲気を変えることができるアクセサリーなども品揃えが豊富。武漢市内にある多くの百貨店の女性販売員たちも、「今流行りの『日本風』は売れ行き好調」と声をそろえ、「カッコよさの中にかわいさがあり、優雅でロマンチックな女性を演じることができる。オシャレでもあり、着心地もいい。特に、足長効果の高いジーンズは最高」と絶賛する。

主なターゲットは流行に特に敏感な20〜30歳のOLで、買いたいものを明確に描いてショッピングに来るため、販売員が一緒に選んだりアドバイスしたりしなくても、自ら進んでお目当ての「日本風」商品を購入していくという。(編集/愛玉)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事