寵愛を奪われた!F4ヴィックと育ての母に反目騒動、元凶?俳優が弁明―台湾

配信日時:2012年4月2日(月) 12時3分
寵愛を奪われた!F4ヴィックと育ての母に反目騒動、元凶?俳優が弁明―台湾
画像ID  322135
1日、人気ユニットF4のヴィック・チョウによるドラマプロデューサーへの反目原因とされた俳優コー・チェンドンが、これを否定した。写真はヴィック・チョウ。
2012年4月1日、人気ユニットF4のヴィック・チョウ(周渝民)によるドラマプロデューサーへの反目原因とされた俳優コー・チェントン(柯震東)が、これを否定した。NOWnewsが伝えた。

その他の写真

“台湾アイドルドラマ界の母”と呼ばれ、ドラマ「流星花園〜花より男子〜」でF4を世に生み出したドラマプロデューサーのアンジー・チャイ(柴智屏)に対し、ヴィック・チョウの反目が伝えられたのは最近のこと。一貫して彼女のマネジメントのもとで芸能活動を続けてきたヴィックだが、電撃的に銀魚娯楽へ移籍したのは、アンジーが新人俳優コー・チェントンに肩入れし始めたのが不快だったからというもの。なお、コー・チェンドンは昨年の大ヒット映画「あの頃、君を追いかけた」で一躍人気者になった若手俳優だ。

銀魚娯楽への移籍後は、映画をメインに国際舞台に飛び出す予定と伝えられる。同社代表の話では、今後の活動を映画限定とはしていないが、彼には早く大きな映画祭で受賞してもらいたいという。

なお、騒動の原因とされたコー・チェントンは、「僕は寝転んでても、銃で撃たれる」とコメント。自分の知らない場所で様々な噂が続々と持ちあがる、人気者ならではの宿命を感じている様子だった。(翻訳・編集/Mathilda
最新ニュースはこちら

SNS話題記事