<在日中国人のブログ>「日本の防災はここまでなのか」と感心=四川大地震から10年、日中の違いを考える

配信日時:2018年5月14日(月) 18時20分
画像ID 

日本で仕事し、日本で生活している筆者は10年前の四川大地震の際に報道で感動することはなかったが、日本の庶民の募金への情熱的な活動には感動した。

その後の日本の東日本大震災や熊本地震を経て、中国と日本の災害、特に地震の対策において、中国が一番重視しているのは「救う」、日本が一番重視しているのは「防ぐ」という大きな違いがあることを深く感じた。

中国の災害後は、救助がクローズアップされ、若い救助隊員が野宿し、昼夜休まず廃墟を掘り、生存者を一人また一人と助け出す感動的な場面が多く伝えられる。だが、どれだけの割合で人々を助けたのかといった統計データや、なぜ被害が大きくなったのかといった災害の教訓に目を向けることは少ない。

一方の日本は防災を重視しているため、家屋倒壊が発生した際には倒壊の原因が注目される。東日本大震災では津波による倒壊が多かったため、津波の衝撃を如何に和らげるかについて話し合われた。救援については、日本は中国の「一切の代償を惜しまない救助」は行わない。救助隊員の安全の保障も重要なのだ。

日本は防災を重視しているため、経験と教訓を生かし家屋の耐震性は進化し続けている。定期的な防災訓練もその一環で、このように「防災」をしっかり行うことで、いざ地震が発生しても慌てるがことなく、混乱による死傷を減らすことができる。

東日本大震災は日本の各地の自治体に巨大津波への対策という課題を突き付けた。これは被災地だけの問題ではなく、日本全国に共通する課題だといえる。防波堤を強化したり、高くしたり、強固な避難用高台を作ったりと、津波対策が各地で計画され、行われている。

整った避難施設は最も基本的なインフラで、日本の小学校がその役割を担っている。

小学校校舎は耐震性が高く、乾パンや飲料水、防寒用の毛布などの被災時の物資もそろっている。最近では、地震が起きでも断水しない専用水道を小学校に設置する動きがあると聞き、「日本の防災はここまで進化しているのか」と感心した。

中国でも日本のような強固な学校を築くことを強く望んでいる。普段は子どもたちの安全な学習場所であり、災害が起きると老人や子どもたちの休む場所となる。中国の老人たちが、筆者の両親のように、災害時に窮屈なテントで冷たい雨の夜を過ごすことのないよう、四川大地震の10年目に願いたい。

■筆者プロフィール:雪田
中国北京市生まれ、名古屋在住。北京航空航天大学卒、宇宙開発の研究院で修士号を取得。1990年代に来日し、IT業会社に勤務。現在は語学塾を経営する傍ら、市民グループなどで中国関係の講座をしたり、フリーライターとして日本のことを中国の雑誌などで紹介している。
※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事









<