ドニー・イェンが「名誉棄損」で訴える?ヴィンセント・チャオの降板騒ぎでバトル激化―香港

配信日時:2012年3月22日(木) 20時21分
ドニー・イェンが「名誉棄損」で訴える?ヴィンセント・チャオの降板騒ぎでバトル激化―香港
画像ID  320549
21日、香港を代表するアクションスターのドニー・イェンが、降板騒ぎで紛糾中の俳優ヴィンセント・チャオを相手に、法的措置を執る意向を明らかにした。写真はドニー・イェン(左)とスー・チー(右)。
2012年3月21日、香港を代表するアクションスターのドニー・イェン(甄子丹)が、降板騒ぎで紛糾中の俳優ヴィンセント・チャオ(趙文卓)を相手に、法的措置を執る意向を明らかにした。世界日報が伝えた。

その他の写真

2人の豪華競演が話題だった映画「特殊身分」にキャスティングされていたヴィンセントが、今月に入って突然に降板した。ヴィンセントが撮影中の厚待遇を制作側に要求する一方、PR活動に非協力的だったことなどが、その理由に挙げられていた。

これに対して、ヴィンセントは今月4日に記者会見を開き、報道内容はすべて誤りだと指摘し、逆にドニーの“大物ぶり”を批判。彼が脚本をひっきりなしに変更したり、現場で人に罵声を浴びせたりしていたなどと語った。

ドニー側は21日、「デビュー30年来のイメージを大きく傷つけられた」と反駁。ヴィンセントを相手に、名誉棄損を訴える法的措置を執ることを明らかにした。

香港スターや映画関係者も、ドニー支持とヴィンセント支持の両派に分かれ、2人の争いはどんどん拡大している。昨年の映画「陳真:精武風雲」でドニーと共演した女優スー・チー(舒淇)は、自身のブログで「どんな撮影でも愚痴をこぼさない、素晴らしい人」とドニーを絶賛。これに対し、歌手のイーソン・チャン(陳奕迅)らは、ヴィンセント支持を表明している。(翻訳・編集/Mathilda
最新ニュースはこちら

SNS話題記事