中国で自画自賛映画「すごいぞ、わが国」上映へ―中国メディア

配信日時:2018年2月27日(火) 5時20分
中国で自画自賛映画「すごいぞ、わが国」上映へ
画像ID  963863
24日、中国メディアの人民日報が、中国で3月2日から「すごいぞ、わが国」(Amazing China)の上映が開始されると伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。
2018年2月24日、中国メディアの人民日報が、中国で3月2日から「すごいぞ、わが国」(Amazing China)の上映が開始されると伝えた。

記事によると、同映画は中国中央テレビと中国電影股●(●=にんべんに分)有限公司が共同で製作したもので、3月2日から全国の映画館で上映されるという。内容は、中国共産党第十八回全国代表大会以降の中国の発展と成果を紹介しており、中国共産党第十九回全国代表大会の報告で習近平(シー・ジンピン)総書記が提出した中国の特色ある社会主義が新たな時代に入ったことに言及するドキュメンタリー形式だという。

最近、映画のポスターや予告編が公開されており、ポスターの赤いシルクの帯は、中国各地の代表的な建築物や天宮1号、シルクロードなどの要素を取り入れたデザインになっている。予告編では、人類史上最大の電波望遠鏡「FAST」や、世界最大の掘削装置「藍鯨2号」等が紹介されているほか、科学技術やエコ分野での成果が示されている。また、映画では中国の橋、道路、自動車、港、インターネットなどの大型プロジェクトとその背後のストーリーが記録されていて、中国の実力を示すとともに、中国人が恐れず苦労をいとわず前進してきた結果、次々と「中国の奇跡」をつくりだしてきた様子を紹介しているという。

後半では、庶民の生活に焦点を当て、貧困家庭の支援、医療保障、国家安全体制など、各方面での成果を紹介しており、中国国民が全面的な「小康」生活を享受できるよう奮闘してきた様子が描かれているという。

これに対し、中国のネットユーザーから「この題名はダサすぎ」「自画自賛はいいけど、思い上がってはだめだな」「やっぱりおだてるのはやめとこうよ。見ていて気まずくなってくる。中国はまだまだ誇れるような段階にはなっていない。着実に苦労を重ねていかないと」など、否定的なコメントが多く寄せられた。(翻訳・編集/山中)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事