日韓政府で話が違う!韓国で「慰安婦合意への明確な立場表明」を求める請願開始=韓国ネットも応援

配信日時:2018年2月21日(水) 6時20分
日韓政府で話が違う!韓国で「慰安婦合意への明確な立場」求める請願
画像ID  962146
19日、韓国メディアによると、韓国の市民団体が2015年末の日韓慰安婦合意の検証を行った文在寅大統領に対し、日本政府の拠出金(10億円)の処理方法などについての政府の明確な立場を表明するよう求めた。写真は韓国大統領府。
2018年2月19日、韓国・中央日報によると、韓国の市民団体が15年末の日韓慰安婦合意の検証を行った文在寅(ムン・ジェイン)大統領に対し、日本政府の拠出金(10億円)の処理方法などについての政府の明確な立場を表明するよう求めた。

韓国の元慰安婦らを支援する団体「韓国挺身隊問題対策協議会」と「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶財団」は同日、韓国大統領府の請願サイトに「外交問題により(慰安婦)被害者と国民が政府に不信感を抱かないよう、韓国政府は明確な立場を表明し、追加措置を取らなければならない」との請願を掲載すると発表した。同サイトでは、30日以内に20万人を上回る署名が集まった請願には政府関係部門が必ず何らかの回答をすることになっている。

これに先立ち韓国では、西村康稔官房副長官が16日にテレビ番組に出演し、「日韓首脳会談で文大統領が慰安婦合意について、破棄や再交渉はせず、『和解・癒し財団』も解散しない。日本が拠出した10億円も返還しないと明言した」と明らかにしたことが物議を醸していた。これに対し、韓国大統領府は17日、「事実ではなく、お互いの立場が違うためニュアンスの差がある」とし、「韓国は15年末の合意で慰安婦問題は解決されないとの立場を説明し、慰安婦被害者らの名誉と尊厳を回復し、傷を癒すために共に努力しなければならないとはっきり伝えた」と説明していた。

昨年7月に韓国外相直属として発足した日韓慰安婦合意を検討する作業部会(TF)はこのほど、5カ月間にわたる検証の結果として「韓国政府は再交渉を推進しない」との方針を発表した。また、日本政府が元慰安婦を支援する「和解・癒し財団」に拠出した10億円については、「韓国政府の予算で肩代わりするが、基金の処理や財団の今後の運営に関しては追加の措置を講じる」と明らかにしていた。

これについて、韓国のネットユーザーは「文大統領は自分の考えをはっきりさせるべき。『日本の蛮行に怒りを覚え、再交渉する』と言うから文大統領を選んだ」「大統領選挙での公約を思い出し、ちゃんと守ってほしい」「被害者たちのプライドを守ろう」などのコメントを寄せ、多くが市民団体の行動に好意的な反応を示している。

一方で「文在寅政府に明確な立場なんてないよ。他国のご機嫌取りで精いっぱいなのだから」「合意破棄宣言は大統領選挙に勝利するためのうそだった。文大統領にはもう何も期待していない」など諦めの声や、「もう終わりにしよう。一度結んだ合意はどうしようもない。批判するなら(合意当時に大統領だった)朴槿恵(パク・クネ)を!」と指摘する声も見られた。(翻訳・編集/堂本

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

最新ニュースはこちら

SNS話題記事