子供の海外留学、専門家「文化的ショック多く問題」と警鐘―中国

配信日時:2011年7月9日(土) 13時49分
子供の海外留学、専門家「文化的ショック多く問題」と警鐘―中国
画像ID  288551
6日、中国で子供を海外留学に送り出すケースが急増しているが、子供は精神的にもろく、文化の違いなどをクリアしにくいと専門家は指摘している。写真は英語の歌を勉強する北京の小学生。
2011年7月6日、米華字紙・世界日報によると、ここ10年ほどで中国で子供を海外留学に送り出すケースが急増したが、子供は精神的にもろいため、文化の違いを理解させるなど家族のサポートが不可欠だと専門家は指摘している。中国新聞社が伝えた。

その他の写真

ニューヨークのある高校の英語教育の責任者は、学生ビザ(F1)が取得しやすくなったことが留学生増加の一因になっているとし、近年の留学生はコンピュータなど情報ツールを使いこなすほか、吸収力が高い一方、競争心など精神的には強くなく、人との接し方も得意ではない場合が多いと指摘する。何かにつけ苦情を言ったり、親の指示で仕方なく授業に出るものの、授業をサボる、たびたび遅刻するといった傾向も強いという。

ハーバード・メディカルスクールの範暁舵(ファン・シアオドゥオ)医師は、まだ子供の留学生の多くが4段階あるカルチャーショックのうち、第2段階にあたる「ショックフェーズ」で問題が生まれやすいと指摘する。渡米して3カ月の第1段階である「ハネムーンフェーズ」には一種の興奮状態にあり、留学斡旋業者のサービスもあることから問題は生じにくいが、その後のショックフェーズに入ると言葉の問題や人間関係に苦しむようになり、上記のような問題行動が発生しやすくなるとしている。

ショックフェーズに続く「アジャストフェーズ(調整段階)」、「マスタリーフェーズ(平穏期)」に移行できれば、生活や学業の問題を解決したり、文化の違いなどを受け入れることができるようになるが、個人の自立やプライバシーが重視される米国ではまだ幼い中国人留学生にとってなかなか適応が難しいと指摘。留学に際して家族は子供を“放り出す”ようなことをせず、物質的な面でのサポートばかりでなく、自身も文化の違いを率先して理解するようにするなど、精神的なサポートをすべきだとしている。(翻訳・編集/岡田)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事