中国人観光客100万人誘致、政府が宣言=ビザ発給緩和や直行便増発も―スペイン

配信日時:2011年7月8日(金) 8時34分
中国人観光客100万人誘致、政府が宣言=ビザ発給緩和や直行便増発も―スペイン
画像ID  288533
5日、スペイン政府はEU圏でフランスに次ぐ観光大国として2020年までに100万人の中国人観光客を誘致することを宣言した。写真はバルセロナ。
2011年7月6日、スペインの華字ニュースサイト・欧浪網によると、スペイン政府は5日、EU圏でフランスに次ぐ観光大国として2020年までに年間100万人の中国人観光客を誘致することを宣言した。中国新聞社が伝えた。

その他の写真

2009年にスペインを訪れた中国人観光客は8万9523人。ミゲル・セバスティアン産業観光商務相は数年で30万人にまで増えると見込んでおり、中国人観光客を増やす計画の一環として、ビザ発給の緩和や旅客機の直行便増発なども計画しているという。

そのほか、先日開かれた「スペイン・中国ビジネスフォーラム」の席で、セバスティアン産業観光商務相は「中国人にスペインのことをもっとよく知ってもらいたい」と話しており、スペイン政府による国内での中国語による旅行ガイドブックの出版や、中国人の好みに合ったレストランやホテルを増やしたり、営業時間を延長するなどの試みも計画されている。

世界観光機関の予測では、2020年までに中国の海外旅行者は年間1億人に達するとされ、現時点ではアジア地域への観光が主流だが、ビザ発給が緩和されれば欧米への旅行者も増加するものと見られている。(翻訳・編集/岡田)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事