<中華経済>保険大手2社に架空取引、合算で19.9億元―中国

配信日時:2011年6月28日(火) 16時14分
<中華経済>保険大手2社に架空取引、合算で19.9億元―中国
画像ID  287644
27日、中国国家審計署は、「2010年中央政府予算やその他財政収支に絡む審査報告」を発表し、保険大手の中国人民保険集団と中国人寿保険集団に架空取引など計26億9000万元分の違法の資金の使途が見つかったと発表した。
2011年6月27日、中国国家審計署は、「2010年中央政府予算やその他財政収支に絡む審査報告」を発表し、保険大手の中国人民保険集団と中国人寿保険集団に架空取引など計26億9000万元分の違法の資金の使途が見つかったと発表した。

うち架空取引は19億9000万元、支払い手数料は7億元超に上る。その大部分が直販→代理販売に変更した際の違反だったという。審査は上記2社の支店499カ所(合計)を対象に行った。

銀行業に関しては、工商銀行をはじめとする商業銀行5行の新規融資3472億元を審査した。うち580億元に条件面の問題(資金用途の不明、資本金の未達、融資対象の自転車操業など)が見つかったという。これら金融機関はすでに対応に着手した。(翻訳・編集/JX)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事