ハルビン映画祭で「唐山大地震」大勝利、ワン・リーホンが新人監督賞―黒竜江省

配信日時:2011年1月17日(月) 22時4分
ハルビン映画祭で「唐山大地震」大勝利、ワン・リーホンが新人監督賞―黒竜江省
画像ID  272929
16日、中国・黒竜江省ハルビン市で「第23回ハルビン氷雪映画祭」授賞式が行われた。
2011年1月16日、中国・黒竜江省ハルビン市で「第23回ハルビン氷雪映画祭」授賞式が行われた。新浪網が伝えた。

その他の写真

中華圏の大型映画祭の一つで、23回目を迎えた「ハルビン氷雪映画祭」。2010年に中国国内で上映された映画から優秀な作品を選ぶものだが、最高賞にあたる「最高興行収入の中国映画賞」には、6億5600万元(約71億円)の興行成績を叩きだした「唐山大地震」が選ばれた。

また、監督最高賞の「最も商業価値のある監督賞」は、「唐山大地震」のフォン・シャオガン(馮小剛)監督が受賞。「最も商業価値のある俳優賞」および「同女優賞」には、人気作品の第2弾「葉問2」のドニー・イェン(甄子丹)、「唐山大地震」のチャン・ジンチュー(張静初)が選ばれた。

さらに、今回注目を集めたのは、昨年「恋愛通告」で監督デビューした人気アーティストのワン・リーホン(王力宏)。「最も商業価値のある新人監督賞」に輝き、その力量を認められた。また、チャン・イーモウ(張芸謀)監督による話題の純愛映画「サンザシの恋」の主役2人、俳優ショーン・ドウ(竇驍)と女優チョウ・ドンユィ(周冬雨)が「最も商業価値のある新人賞」を受賞している。(翻訳・編集/Mathilda
最新ニュースはこちら

SNS話題記事