1階はトンネル、2階は客席…新型「立体バス」が来年末にも試験運行開始か―北京市

配信日時:2010年8月26日(木) 19時58分
1階はトンネル、2階は客席…新型「立体バス」が来年末にも試験運行開始か―北京市
画像ID  258799
24日、1階部分はトンネルで、2階部分に乗客を乗せて走るという一風変わった巨大バス「立体バス(立体快巴)」が来年末にも北京市内で試験運行を開始する。写真は5月、中国北京国際科技産業博覧会で世界で初めてお披露目された「立体バス」の模型。
2010年8月24日、1階部分はトンネルで、2階部分に乗客を乗せて走るという一風変わった巨大バス「立体バス(立体快巴)」が来年末にも北京市内で試験運行を開始する。25日付で京華時報が伝えた。

その他の写真

この「立体バス」は2車線を跨ぐトンネル型で、4両編成、1車両の長さは10メートル、高さは4.4〜4.5メートル。1階のトンネル部分は小・中型車であれば2台並んで走行できる仕組み。深セン華世未来泊車設備有限公司が開発し、北京の渋滞緩和に効果的だと期待が寄せられている。時速60〜80キロで、これまでの路線バスよりスピードが速い。導入後は北京の渋滞が20〜30%緩和される見通しだ。

「立体バス」は今年5月の中国北京国際科技産業博覧会で初めてお披露目された。今月18日には米紙ニューヨーク・タイムズの表紙にも掲載され、「米国のイノベーション力は下り坂。すでに中国に打ち負かされた」と報じられた。

安全性に対する不安の声も上がっているが、上海交通大学で6月に設計、性能、実行可能性、安全性に関するテストが実施され、すべて合格しているという。北京市門頭溝区科学技術委員会の張文波(ジャン・ウェンボー)主任は「どれか1つでも不合格が出れば運行できない。すべて合格したということは、この『立体バス』が近いうちに実用化されるということだ」と話した。(翻訳・編集/NN)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事